北海道みやげの新星!“北海道サイダー”ってナンだ?

2010年7月21日 13:43更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

カロリーゼロや強炭酸など、絶好調の“オトナ系”炭酸飲料だが、なんと北海道には「野菜」をサイダーにした「北海道サイダー」なるものが存在するという。しかも、北海道みやげがしのぎを削る「北海道のおみやげ新作コンクール」で今年度の特別賞を受賞したという“実力派”だというではないか。気になる編集部では早速試飲を開始! その気になる味を確かめてみた。

「北海道の食材をサイダーにしよう」という発想から生まれたのが「北海道サイダー」。その種類は、トマトやニンジンなど「サイダーにするの?」と驚くような野菜から、白ブドウ、ブドウなど定番のフルーツまで様々だ。

例えば、編集部イチオシの「北海道サイダー スパークリング・トマト」(550円)は、甘味が強いミニトマトのトマトジュースを50%使った、ちょっととろみのあるサイダー。「炭酸がアクセントになっていて、今までの野菜ジュースに飽きたときにはぴったり! ブドウなどは味の想像がつくけど、野菜には驚いた。でも、この濃厚な味こそ、北海道らしさを演出しているのかも」と、編集部も満足の味だ。

ちなみに、この“トマトサイダー”、ラベルの中央にかわいいサイのイラストが入っているのだが、担当者いわく「単純にサイダーと『サイ』をかけました…」とのこと。洒落っ気もあるのが、北海道サイダーの特徴なのかも…。

加えて、十勝産のニンジンを丸ごとすりおろして使った「北海道サイダー スパークリング・キャロットにんじん」(550円)は、着色料不使用のオレンジ色がなんとも鮮やかなサイダー。自然な甘味と色合いで、ニンジンが苦手という人にもオススメしたい一品だ。

「まずはフルーツ系からチャレンジしたい」という人もご安心を。「北海道サイダー スパークリング・グレープ白」や「同グレープ赤」(各550円)は、ともに、ワイン用のブドウを贅沢に使ったサイダー。濃厚な甘さがクセになるドリンクなのだ。

「白い恋人」やロイズの「ポテトチップチョコ」など、人気の北海道みやげに続く新星となりそうな「北海道サイダー」。「道産食彩HUGマート」(札幌市中央区)や「北海道どさんこプラザ札幌店」(北海道北区)など、北海道のギフトショップで買えるが、通信販売の「北海道アグリマート」(http://www.kitaiti.com/agrimart/)でも販売中なので、気になる人はお取り寄せして、大地の味を確かめてみては? 【北海道ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る