幸せになりたい女子の福岡占い実録レポ 〜08〜

2018年8月31日 17:00更新

九州ウォーカー 末永禎治

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

信じる信じないは本人次第。でも女性なら誰もが少しは気になる「占い」。果たして占いで人は幸せになれるのか?興味はあるけれどどういったシステムなのか分からない。占ってほしいけどなにかちょっと勇気がいる。そういった方、意外と多いのではないでしょうか。確かにどんな雰囲気なのか分からないとちょっと入りづらかったりしますよね。そこで編集スタッフが「占い」の現場に潜入!「幸せになりたい女子」たちが占いによってどう変わるのか…、検証していきます。

人の心理をズバズバ見抜く驚異の神眼予言!聖マミ先生

8人目の占い師は「占いの館 心セラピー」で人気No.1の聖マミ(セイントマミ)先生。タロットによる未来透視を得意としています。特に、恋愛・家庭・仕事・人間関係で悩む女性に、絶大な支持を得ているということで、今回の編集部S山の相談にはピッタリなのではないでしょうか。さてさて結果は!?

相談者を出迎える豪華なシャンデリア

聖マミ「何かご要望がございましたらおっしゃってください」

編集部S山「いつ結婚できるかというのと、なにをすればできるのかというところ。と、割と私が男性依存する体質なのでそれを無くすにはどうすればいいか…」

聖マミ「ではどうすれば結婚できるか。から。このくらいで結婚できたらなぁってあります?」

編集部S山「今、26歳なんですけど、35歳くらいまでには。」

聖マミ「では、カードを何も考えずにお好きな順番で3つに分けていただいて、またそれをひとつに好きなように重ねていってください。タロットカードは上下が決まっていて、上と下で出る意味が変化していくので、上にしたい方というのを決めていただきますね。今の時点では、実際に婚活してるとかなにか考えてるというよりも、そのうちいい人に出会えれば…みたいな、そんな感覚ですよね?」

編集部S山「そうですね」

聖マミ「どちらかというと、結婚というよりも恋愛の方に気持ちがしっかり向いていて、いいパートナー、恋人が欲しいなっていうのが、とっても強く出てます」

編集部S山「そうなんですか?」

【写真を見る】「恋人が欲しいなってのがとっても強く出てます」とズバリ的中させる聖マミ先生

聖マミ「なぜかというと、寂しいし、(自分に)納得はいかないし、仕事は忙しいし、あれもこれもいっぱい悩んでて、癒やしが欲しいというか、悩みを聞いてくれるパートナー。ちゃんと自分を受け入れてくれて、分かってくれる人がいいなと思ってる。『私のことを聞いて聞いて!』じゃなくて、向き合える人に出会えたらいいな…というのがすごくあって、精神的な強さを求めていらっしゃるのかな…。なんとなく、それが葛藤として出てるかな。でも、そろそろ現実を見ないといけない歳だよね…とも思ってるみたいで、ちょっと大人になりたいという願望が出てきてる」

編集部S山「そうですね…」

聖マミ「今のところ、具体的な結婚というよりは、その手前にある恋愛の方に目が向いている…ってところですかね。大切な人に自分を想ってもらいたい、その上で、何年か経ってから結婚という道があればとても嬉しい…という、そんな感じですね。向上心が強いのかなという気がします。上に上がっていきたいとか、もちろんキャリアも欲しいし、でも一番の望みは、やっぱり素敵なパートナーがいたら…。1年以内には彼氏が欲しいと思ってるみたいです」

編集部S山「何をすれば実現できるのかというのは、今、出たんですか?」

聖マミ「精神的に強くなったりとか…、そうすることで相手を選ぶことができる」

編集部S山「精神的に強くなる方法…。なにか方法も分かりますか?具体的にいつ結婚するとか…?」

聖マミ「まだ全然出てない。できれば半年、1年後に彼氏はいてほしいとは思ってる。でも、5年後くらいで、なんとなく答えは出てるのかな…。なんとなくの陰は出てる。でも、まだまだ具体的な日付けは出てない。それはやっぱり、実際に結婚を求めていないからだと思います」

編集部S山「(具体的に)出る人もいるんですか?」

聖マミ「いますいます。そのあたりは、その方がいかに望んでも一生無いですよという方もいます。ご縁の問題なので、結婚の運気を持ってない人もいるんですよね。それと、結婚できるのにしないという選択もあるので、逃しちゃう人もやっぱり…います」

逃しちゃう人もやっぱり…いるのか…

相手の問題ではなくこちらの問題

聖マミ「S山さんは、すぐカッとなっちゃう自分がイヤみたいな。何か言われると感情的になるというか、別に悪気はないんだけど、責められている気がして、自分を肯定して欲しいという思いが先に出ちゃって、『そんなの違う!』と、先に(相手の言うことを)否定してしまう」

編集部S山「それはすごく…そうですね」

聖マミ「それで誤解されるのが嫌で、ちょっと辛いのかなって。考え込んでしまって、それがつい攻撃性として出てしまう。なので、喧嘩になっちゃうのかな。それが弱さに繋がるというか」

編集部S山「じゃあ、(うまくいかないのは)相手の問題ではないんですか?」

聖マミ「実は、こちら(S山)の問題。そんな言い方をしなくても…ということを、ちょっとオブラートに包んで言ってあげないと。決して強い言葉で言ってるわけじゃないんだけど、つい余計なことを言ってしまうというか、否定されたような気になると噛みついてしまう癖はあるかな…。『本当はそんなこと言いたくはなかった』ということを、つい口にしてしまうみたいです」

編集部S山「あぁ…わかります。…相性が悪いから喧嘩になっちゃうんじゃなくて、(相手が)優しい男性だったら、私が何か指摘をしても言い返さないのでは?って思ってるんですよ」

聖マミ「あなたの言い方かな…。恋愛に関して言うと、やわらかさが足りないのかな。女性はお口が立つから、男性はそこでカッとなると強い口調にならざるを得ないので。なので少し噛み砕いて、『そんな言い方をされたら受け入れられない』ということを上手に伝えていくのが、強さに繋がっていくのかな。ちょっとだけ言葉を飲み込むとか、一歩退くとか」

相手の問題ではなく編集部S山の問題ときっぱり

編集部S山「どういう人が相性が合うっていうのも、わかるんですか?」

聖マミ「どちらかというと、頭が切れる人がいいです。バカは嫌いです」

編集部S山「笑。歳上がいいとか、同じ年がいいとか…」

聖マミ「あんまり年が離れると、感覚や価値観が変わってくるから、ちょっとだけ上。同年代なんだけど、ちょっと大人の人というのが理想的だと思ってるみたい。あまり、おじさんが好きではないので(笑)」

編集部S山「すごい!当たってますよ!」

S山「すごい!当たってますよ!鳥肌みてください!」

聖マミ「ルックスも結構大事で、汗臭い人もイヤですって感じ」

編集部S山「どこに行けば出会えるっていうのもわかるんですか?私、関東出身なんですけど、福岡は女性の比率が多くて、同世代の男性に会うことが少ないから。関東に戻ったほうがいいのかなとか思ったり」

聖マミ「お友達作るのがいいかな。女友達。そこからの繋がりを求めていく。あとは職場ですね。職場関係で人脈が豊かな人からの紹介がいいみたい。自分で探すといいなって思っても、やっぱりいるんですよ相手が。そして、すぐ諦めちゃう。良さげに見えたら、もうちょっとがんばってって気もしますけどね。(S山さんは)割とクールなんですよ。結構サッサと進めちゃうというか、何事も決断が早いタイプかな。九州の人は、はっきりしてそうに見えて、優柔不断な男が多いからねぇ。九州人は女性に母性を求める人が多いんですよ。たとえば…九州にいる関東人を選ぶとか?(笑)。」

編集部S山「割合が少なくないですか!?」

聖マミ「でも、最近増えてきてる。特に関西は増えてきてるかな。(ここでカードの結果が出て)あー!やっぱり自分で選ぶとダメだ!」

編集部S山「えっ!!!」

聖マミ「うん。ダメだって言うか、(相手が)いない!」

編集部S山「えっーー!!!!」

聖マミ「紹介がいいです。仕事がキーワードで出てきます。なぜかというと、今、九州に来ちゃってるので…いない!九州にはいない!」

編集部S山「えー!!!!!もう(関東に)帰ります…」

当のS山以外は、心なしか表情は晴れやかです。

九州には相手がいないと斬られ、帰りたくなった編集部S山

聖マミ「あなたの頭の中で、九州の男の人は嫌いってのが出ちゃってるから。人脈をたくさん辿っていくことによってしか、こっち(九州)にいたら恋人ができないんですよ。いろんな人に出会い、意識を変えていくこと。九州の人がみんな優しくないわけじゃないし、(あなたの頭が)凝り固まっちゃてるんですよね。女の子と会っていも、いい話を聞けない(聞く耳を持たない)から、九州の男ってダメなんじゃないかと余計に思うのかも。『私、こっちじゃ恋人できない』って自分で決めちゃってる」

編集部S山「関東に行って、人脈を頼りにしたらいいんですか?それとも、九州で?」

聖マミ「ううん。こっちで。こっちでいいんです。場所に関わらず人脈を頼ること、いろんな所に連れてってもらうこと、たくさんの人を見ることによって、『なんだ。いろんな人いるじゃん』と思うことでしか、(思いこみは)壊せないから。固まっちゃてるものは、自分でつついて壊すしかないので。卵からかえるヒナみたいなもので、自分でつついていかないと、外を見ることはできないよ」

編集部S山「それを変えると九州でもOKですか?今の状態だと九州にはいないけど?」

聖マミ「うん、いないけど、自分の気持ちが変わっていけば、良いところが見えるようになるんですよ。でも、今は悪い話ばっかり聞くから。九州に住んでいる人がみんな九州出身じゃないし、だから、たくさんの人に出会ってくださいというのはそこなんですよね」

編集部S山「さっき仕事ってキーワードが出たのは、職場恋愛ってことですか?」

聖マミ「ううん。職場の人のいい話。悪い話ばっかりじゃなくて、いいヒントも絶対あるよねってこと。あなたが今、フォーカスしてるのが悪いところばかりに集中してるんじゃないか…というところが、気になるかな、一番」

S山の心理をズバズバ見抜き、九州には(相手が)いないと断言した聖マミ先生のタロット

聖マミ先生に占ってもらって

編集部S山:正直、最初は疑っていましたが、言われることが本当に当たっていてびっくり!次第にこれは?あれは?など、前のめりに相談していました。タロット占いって少し怪しいなと、半信半疑でしたが、とにかくすごい!核心にせまるような内容で、すべてを見透かされているような感覚でした。「精神的に強くなる、大人になる」という考えは、パートナーを探す上でも、必要なんですね。前向きにがんばろうと思いました。

[聖マミ(セイントマミ)]福岡県福岡市中央区今泉2-3-41 / 092-775-4185 / 10:00〜19:00

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る