食欲の秋にぴったり!KITTE博多で食べるべき“九州産素材”4大メニューをレポート

2018年9月14日 11:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

9月14日(金)〜10月14日(日)までの1か月間、KITTE博多で「九州グルメフェア」が開催!期間中はKITTE博多の地下1階、9階、10階のレストラン&カフェ「うまいと」の対象店舗に、九州ウォーカーおすすめの限定メニューやお得なグルメが登場する。数あるメニューの中から特に気になる“九州産素材”を使ったメニューを、九州ウォーカー編集部が実際に食べてレポート!

ふっくら感がたまらない「うなぎ料理江戸川」

うなぎ料理江戸川(10階)の「明太子と高菜の博多三色鰻重」(2000円)

全ての画像を見る(10件)

京都発祥の「うなぎ料理江戸川」(10階)。同店の九州産素材を使った一品が「明太子と高菜の博多三色鰻重」(2000円)。国産ウナギを、白焼き→蒸し→本焼きといった江戸焼きの工程で仕上げることで、やわらかくてふわふわな食感を表現している。さらに、少し甘めに仕上げたオリジナルのタレのテリ感が食欲を刺激。福岡産の高菜と明太子をプラスすることで、いろいろな味を楽しむことができる。

関東風ウナギと九州グルメのコラボを実食!

この料理を実食したのが編集部のハヤシ。「ふわふわのウナギと明太子の相性がバツグン!まだまだ暑いこの時期でも食欲が湧いてくるスタミナメニューです。ウナギと九州グルメとのコラボ重で、初秋の元気をたくわえましょっ!」

[うなぎ料理江戸川(10F)]092-260-6411 / 11:00〜23:00(LO22:00)

江戸前寿司と九州の共演「築地寿司清」

築地寿司清(10階)の「九州各県の魚介を使ったちらし寿司」(1296円・1日限定20食)

築地寿司清(10階)の「九州各県の魚介を使った握り寿司」(1296円・1日限定20食)

東京築地の店舗を筆頭に、⽇本各地で江⼾前寿司の魅⼒を発信する「築地寿司清」(10階)。今回のグルメフェア限定で登場するのが「九州各県の⿂介を使った握り寿司」(1296円)と「九州各県の⿂介を使ったちらし寿司」(1296円)の2品。九州内の漁港から直接仕⼊れた新鮮な⿂介は、その⽇⽔揚げされたものばかりだから、⿂種は仕⼊れ次第。料理⼈もなかなかお⽬にかかれないような珍しい⿂もあるそうで、産地と⿂種はその⽇のお楽しみ。それぞれ1⽇限定限定20⾷だから、早めにチェックしよう。

九州各地からその日水揚げされた魚は鮮度抜群!

こちらの限定メニューを実食したお魚大好き編集部のミヤザキも「産地直送だからとっても新鮮!身が締まってて、とてもおいしかったです。こんなに贅沢なメニューがこの価格って、超おトク!絶対食べたほうがイイ!」と太鼓判。

[築地寿司清(10F)]092-260-6310 / 11:00〜23:00(LO22:30)

個室で接待にも人気「おばんざい・炙り焼き・酒 菜な」

おばんざい・炙り焼き・酒 菜な(9階)の「はかた鶏の石焼き」(1130円)

京都のおばんざいをメインに、料理とお酒を楽しむ「おばんざい・炙り焼き・酒 菜な」(9階)。九州産素材を使用し、かつKITTE博多店舗限定というのが「はかた鶏の石焼き」(1130円)。噛めば噛むほどに旨味を楽しめる「はかた地どり」の塩焼きを熱々の石に乗せることで、しばらく熱々の状態を維持できるのが特徴。柚子コショウ、ニンニク醤油、黒ゴマ七味の3種類の薬味でいただこう。

塩焼きにしているから、薬味をつけなくてもそのままで十分おいしい!

実食したのは酒の肴には目がない編集部のツルタ。「塩焼きにしているので薬味をつけなくても十分おいしいです!外の皮はパリパリ、中はジューシーでやわらか。お酒と一緒にゆっくり食べても、いつまでもアツアツなのもうれしい。16時から22時のみの提供だから、仕事が終わったらココに直行すべき!」。

[おばんざい・炙り焼き・酒 菜な(9F)] 092-260-6396 / 11:00〜23:00(LO22:00)

日本酒に合う肴が充実「ぬる燗ぞっこん離れ」

ぬる燗ぞっこん離れ(地下1階)の「ごまさば」(853円)

ぬる燗ぞっこん離れ(地下1階)の「伊万里牛の石焼きうに添え」(2138円)

サバ料理を中心とした豊富な肴と約70種類の日本酒がそろう「ぬる燗ぞっこん離れ」(地下1階)。木を基調とし、日本酒のボトルがディスプレイされた和風の店内は、昼でもお酒を楽しむ客で賑わっている。そこで、このフェアの期間ぜひ味わってほしいのが、「ごまさば」(853円)と「伊万里牛の石焼きうに添え」(2138円)だ。まず、店の名物「ごまさば」は、新鮮なサバと独自のタレが絶妙に絡み合った自信作。「伊万里牛の石焼きうに添え」は、A5ランクの伊万里牛を両面軽く炙り、大葉とウニを巻いていただく、いかにも贅沢な料理。

A5ランクの最高級の伊万里牛は軽く炙るだけで十分!編集部のスギヤマもにおいを嗅ぐだけでニヤケがとまらない。

大好きな肉とウニを前に終始ニヤけっぱなしの編集部のスギヤマは「軽く炙ると肉のおいしさが際立ち、ウニと一緒に食べることでコクを感じて…、とっても幸せです!ジャポネソース、岩塩、ワサビ醤油の3種類の味付けができるので、お好みで食べてみてください!」

[ぬる燗ぞっこん離れ(B1)]092-292-0957 / 11:00〜24:00(LO23:00)

「KITTE博多 九州グルメフェア」では、フェア対象メニューを注文した人に、先着で“KITTE博多オリジナルにわか面”をプレゼント!ぜひこの機会に、九州のおいしいグルメを楽しもう!

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る