仕掛けは“甘くない”! “ハイチュウお化け屋敷”いよいよオープン

2010年8月11日 13:41更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

普段味わうことのできないドキドキ感や、“急接近”も叶っちゃう「お化け屋敷」だが、8月12日(木)〜15日(日)の4日間、ラフォーレ原宿に期間限定で出現するのは、「ハイチュウフルーツ・パニックホラーハウス」。ね〜っとり、甘〜いハイチュウを思わせる仕かけが盛りだくさんの、ユニークなお化け屋敷だ。

このホラーハウスの設計を手がけるのは、業界屈指のホラーハウス・プロデューサーで“恐怖の法則を知る男”といわれる五味弘文氏。ホラーハウスを“魔界の工場の中”と設定し、楽しくもかわいい、そして、甘〜いジューシーな仕掛けを繰り広げる。普段イメージするようなお化け屋敷とは違って、恐怖と笑顔がつまったホラーハウスになっているというから、是非体感したいものだ。

そして、その魔界の工場の中を、魔界の住人に見つからないように無事ゴールまでたどり着けた人は、なんと!ご褒美がもらえるという。ご褒美とは、まだどこにも売っていない、ぶどう果汁が滴るような“グレープ果汁100%”を使用した「完熟ハイチュウ」。ジューシーでやわらか〜いダークパープルの完熟ハイチュウを口に入れると、すぐにトロトロに溶け出し、たったの30秒ほどで溶けきってしまう。今までのハイチュウにはない生感覚なので、ホラーハウスに負けないほどのビックリ体験ができるはず!

さらに、このハイチュウが気に入った人は、ホラーハウス出口で販売している「完熟ハイチュウ」の箱入り(8粒500円)を購入することができる。まだ未発売なので、ここでしか手に入らないレア物だ。箱も、キラキラしたキュートな箱で、ハイチュウを食べ終わったあとは、小物入れとしても使えるからうれしい。限定100個なので、新しい味を試してみたい人は早速チャレンジ!

各地で楽しいイベントが盛りだくさんのこの夏。目的としていくのではなく、友人と買い物のついでに、カップルでデートのついでに、気軽に立ち寄って楽しんでみてはいかが!? 【詳細は、7月20日発売の東京ウォーカーを参照】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る