随所にフレンチの技を感じる一杯!濃厚“鯛の坦々麺”が人気の「鯛担麺専門店 抱きしめ鯛」

2018年9月13日 17:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ミシュランの星付きフレンチなどで修業した店長が生み出した担々麺の専門店。組み合わせる食材探しの時に出合った上質な鯛をスープに使用。オイル状のスパイスやバルサミコ酢、ジャガイモのフライなど、経験を生かし、これまでにない一杯に仕上げている。<※情報は関西ウォーカー(2018年9月11日発売号)より>

魚介やフレンチのおいしさをミックスした進化型担々麺

鯛担麺(3辛・870円)/鯛担麺専門店 抱きしめ鯛

全ての画像を見る(7件)

日本らしい担々麺を目指し作り上げた一杯。 鯛ベースのスープに鯛の身が入った豚ミンチを溶かし味を変えながら食べるのも楽しい。

■麺/太さ:中太 形状:角 加工法:縮れ 製麺所:非公開 量:120g

■スープ/タレ:塩+芝麻油 仕上油:鯛油 濃度:こってり○●○○○あっさり 種類:魚介(鯛白湯)

【写真を見る】「汁なし鯛担麺(激辛)」(880円)は、鯛スープに濃厚なゴマペーストや油分を加え、さらにスパイスをたっぷり/鯛担麺専門店 抱きしめ鯛

太麺とあえて楽しむ。注文の多い1辛は850円。

フルボディのキメ手はスパイスと鯛アラのエスプーマ!

【写真を見る】八角、青山椒、花山椒、一味、豆鼓、ハラペーニョなどのスパイスを使う/鯛担麺専門店 抱きしめ鯛

味や香りに広がりを出し濃厚な味わいになる。

鯛のアラを強火で炊いた鯛白湯スープ/鯛担麺専門店 抱きしめ鯛

エスプーマ仕上げの鯛白湯スープがベース。

喉越しを重視してスープの絡みやすい縮れ麺にしている/鯛担麺専門店 抱きしめ鯛

土佐堀通にも近いオフィス街の一画/鯛担麺専門店 抱きしめ鯛

肥後橋駅を西へ徒歩5分ほどにあり、大きなタペストリー状の看板が目印。

女性でも入りやすい店内/鯛担麺専門店 抱きしめ鯛

洋食店と居酒屋のよさを合わせたような雰囲気。

「フレンチの技術をいろいろ忍ばせていますので、探して楽しんでください。鯛めしが付くランチセット(1000円)もおすすめです」と、看板娘のみかこさん、店長の宇野さん。

■鯛担麺専門店 抱きしめ鯛<住所:大阪市西区江戸堀1-23-21 ビエラ江戸堀 1F 電話:06-6225-7747 時間:11:00~14:30(LO)、17:30~22:00 定休日:日曜 座席:21席(カウンター5、テーブル16) タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄肥後橋駅より徒歩5分>

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る