格安&新鮮!北陸3県でカニを贅沢に堪能できる祭り4選

2018年9月20日 7:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

魚介の宝庫である北陸では、例年カニの祭典が開かれている。11月には加能ガニ漁、越前ガニ漁の解禁日もあり、いち早くカニを堪能するチャンス!秋に北陸3県で開催されるカニの祭りをチェックしよう!!

新鮮な海の幸が格安で手に入る!

●「新湊カニかに 海鮮白えびまつり」(富山県射水市)

【写真を見る】漁師の奥さんたちが心を込めて作るカニ鍋が毎年好評。カニの旨味がしっかり染み出たアツアツのスープを飲んで、体を温めよう

水揚げされる魚種も漁獲量も多い、富山県内有数の漁港で行われるイベント「新湊カニかに 海鮮白えびまつり」。ベニズワイガニや白エビの即売には、例年長蛇の列ができる。漁師の奥さんたちが心を込めて作る「カニ鍋」も毎年好評なので、併せてチェックしよう。

【祭りデータ】開催日:2018年10月14日(日)/予想来場者数:2万5000人(昨年度実績)/出店数:14店(昨年度実績)/無料ふるまい:なし

カニをはじめとした海産物がずらり!

●「越前かにまつり2018」(福井県越前町)

人気のセイコガニ汁。カニが丸ごと1匹入るので、満足度が高い

福井県最大のカニの祭典「越前かにまつり2018」。越前ガニ最多の水揚げ量を誇る越前町で開催される。捕れたての越前がにや鮮魚のほか、「セイコガニ汁」やカニの甲羅蒸しなど多彩な海鮮グルメを販売する。とくにホカホカご飯の上に、ほぐしたカニの身とカニ味噌がのる「カニ丼ぶり」は、価格もリーズナブルでコスパ満点だ。

【祭りデータ】開催日:2018年11月17日(土)、18日(日)/予想来場者数:7万人(昨年度実績)/出店数:15店(予定)/無料ふるまい:なし

栄養豊富な日本海で育ったカニが美味

●「かほく四季まつり かにカニ合戦 海の幸・山の幸まつり」(石川県かほく市)

カニのセットを買い、炭火コーナーで焼いて食べる

「かほく四季まつり かにカニ合戦 海の幸・山の幸まつり」は11月6日(火)の解禁から間もない、加能ガニを堪能できる祭り。「カニ雑炊」や「カニ汁」など、さまざまなカニグルメが楽しめる。カニのセットを買い、炭火コーナーで焼いて食べるのもおすすめだ。毎年売切れ必至の、地元農産物の即売会も同時開催されるので、こちらも寄ってみよう。

【祭りデータ】開催日:2018年11月11日(日)/予想来場者数:1万4000人(昨年度実績)/出店数:13店(昨年度実績)/無料ふるまい:なし

三国温泉カニまつり解禁されたばかりのカニの王様をゲット!

●「三国温泉カニまつり」(福井県松井市)

セイコガニ1匹が丸ごと入った「カニ汁」(600円予定)

例年11月6日に解禁される越前ガニが堪能できるイベント「三国温泉カニまつり」。寿司、雑炊、そば、コロッケ、グラタンなどバラエティに富んだカニグルメが登場する。カニが当たる抽選会も見逃せない。一番の目玉は「ガサエビ鍋」。各日3回、計1800食が無料で振る舞われるので要チェックだ。

【祭りデータ】開催日:2018年11月17日(土)、18日(日)/予想来場者数:3万人(昨年度実績)/出店数:18店(昨年度実績)/無料ふるまい:ガサエビ鍋

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る