2018年決定版!大名・今泉・警固・赤坂エリアで行きたい福岡のラーメン店6選

2018年12月18日 18:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

警固交差点を中心とした大名・今泉・警固・赤坂エリアは、ラーメンファン垂涎の名店がひしめく注目のエリアだ。今回は、福岡屈指の激戦区・今泉&警固で、おすすめのラーメン店5選を紹介する。

麺酒場で味わう“甘味系”「博多らーめん ちゃんぽん ひるとよる 」

昼から深夜3:00まで、豚骨ラーメンとちゃんぽんを味わえる大名の麺酒場。店主の修業先「Shin-Shin」の芳醇甘味系豚骨を継承しながら、麺を改良するなど工夫を凝らす。約20種ある串もの、味噌ホルモン、手包み餃子など、一品メニューも豊富にそろう。

博多らーめん ちゃんぽん ひるとよる / 「らーめん」(600円)

全ての画像を見る(6件)

定番の「らーめん」(600円)は豚骨に鶏ガラを加えて煮込んだスープで、臭みがなく、マイルドでほんのりとした甘さが特徴だ。「味噌トン」や、「高菜のラーメン」(各700円)など、具のバリエーションも多彩。

[博多らーめん ちゃんぽん ひるとよる]福岡県福岡市中央区大名2-2-41 / 11:00~15:00、18:00~翌3:00(LO2:30) / 日曜休み

台湾まぜそば発祥店が大名に「台湾まぜそば はなび 天神大名店」

台湾まぜそばの元祖、名古屋「麺屋 はなび」の九州1号店がお目見え。卵黄や生ニラ、魚粉などと麺をよ~く混ぜるのがポイントで、“甘さ”“辛さ”“まろやかさ”が渾然一体となりヤミツキになる旨さだ。卓上調味料によるカスタマイズやシメに白飯を入れる“追い飯”(無料)も醍醐味。辛さも選べる。

台湾まぜそば はなび 天神大名店 / 「元祖台湾まぜそば」(850円)

ブラックペッパーのほか、スパイスが効きまくりの特製ダレで仕上げた「元祖台湾まぜそば」(850円)は、台湾ミンチを麺と絡めて食べる。おろしニンニクを少量入れると旨味UP。

[台湾まぜそば はなび 天神大名店]福岡県福岡市中央区大名2-1-12 / 092-791-2150 / 11:00~14:00(LO13:50)、17:00~23:00(LO22:50) / 不定休

ライトな肉系清湯が新感覚「ヤキニク・ラーメン フタバ」

17年12月、国体道路沿いに開業。1階でラーメン、2階で伊万里牛の焼肉が味わえる。ラーメンは、今はなき東京・品川「イレブンフーズ」の流れを汲み、醤油を効かせた肉系清湯に、厚切り豚バラやワカメなどを豪快に盛る。麺は"家系"に多い酒井製麺のものを使用。

ヤキニク・ラーメン フタバ / 「ラーメン」(700円)

看板メニューの「ラーメン」(700円)のスープは豚骨ベースでありながら、白濁させず、油も抑えているのであと味さっぱり。醤油と野菜の甘さがちょうどいい。卓上に置く粗挽き唐辛子で辛味も加えられる、味わい深い一品だ。

[ヤキニク・ラーメン フタバ]福岡県福岡市中央区警固1-14-3 / 11:30~14:00、18:00~翌1:00(LO) / 不定

自家製ラー油が効く担々麺「大名ちんちん 赤坂本店」

10種以上の野菜、5種の香辛料、3種の唐辛子で仕上げた自家製ラー油が"旨辛"な味わいを生み出す。鶏ムネ肉と香味野菜から作られるスープは、一晩熟成させることでとろみが増し、コシのある麺とよく絡む。

大名ちんちん 赤坂本店 / 「担々麺」(650円)

目玉メニューである「担々麺」(650円) は、厳選したゴマを丁寧に煎った濃厚なタレが自慢。牛・豚の挽き肉を自家製甜麺醤と醤油で味付けした肉味噌など、素材をふんだんに使う。ご飯、漬け物が付くセットも好評だ。担々麺は「大辛」(+60円)など、好みの辛さで楽しめる。

[大名ちんちん 赤坂本店]福岡県福岡市中央区赤坂1-7-27大稲マンション102 / 11:30~22:00、日曜~17:00 / 無休

旨味と香りが一気に花開く「大重食堂 今泉店」

ワールドラーメングランプリの優勝メニュー「純らーめん 七節」専門店。カウンター、テーブル共に卓上が畳張りで、やかん形のお冷の蛇口が各席に備えられるなど、店内の造りもユニーク。

アゴダシと7つの節の旨味を効かせたスープは、コーヒー用のサイフォンで一杯ずつ丁寧に取ったもの。芳醇な香りに心が躍る。

大重食堂 今泉店 / 「純らーめん 七節」(850円)

おすすめのメニューは、「純らーめん 七節」(850円)。アゴダシと7つの節の旨味を効かせた和風テイストのラーメンで、大ぶりチャーシューや黄身が光る煮玉子とともに、博多の筆師・金太夫(きんだゆう)氏のイラストが描かれた丼に盛る。

[大重食堂 今泉店]福岡県福岡市中央区今泉1-12-23 西鉄今泉ビル1階 / 092-734-1065 / 11:00~翌1:00(LO24:30) / 不定休

飲みの帰りのシメとしてもおすすめ「らーめん おいげん」

自慢の豚骨スープは頭骨と豚足を60kg使用し、20時間かけて炊き込んだブレンドスープ。濃厚な口当たりだが、あと味がすっきりとしていて飲み干せるほどだ。

らーめん おいげん/「炙りチャーシュー麺」(800円)

特におすすめしたいのが、「炙りチャーシュー麺」(800円)。炭火で炙った大きなチャーシューが5枚のった人気メニューだ。朝方まで営業しているので、飲みの帰りのシメとしてもおすすめ。

[らーめん おいげん]福岡県福岡市中央区警固1-13-1 ARK警固1F / 092-714-1433 / 11:30~16:00、17:00~翌4:00(LO各30分前) / 不定休 / 12席(カウンターのみ) ランチ禁煙

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る