クラフトビール、サワー&酎ハイがうまい!観光のあとにおすすめの京都のバー4選

2018年10月15日 17:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

京都観光のあとに行けるバーをご紹介。醸造施設を持つビアバル、フォトジェニックなサワーと酎ハイが楽しめるお店など、京都で遊んだシメにおすすめ!<※情報は京都ウォーカー(2018年9月14日発売号)より>

京都ビアラボ

高瀬川沿いにオープンしたブリューパブ。京都和束の茶葉を使った茶ビールやサワービールなど、独創的な自家醸造ビールと国内のクラフトビールが常時8タップそろう。ビールに合うフードも充実。

京の肉屋「弘」のベーコンソテー(手前)、ビール3種が選べるテイスティングセット(1400円、中)、おつまみ3種の盛り合わせA(600円、奥)/京都ビアラボ

京の肉屋「弘」のベーコンソテー(手前)、ビール3種が選べるテイスティングセット(1400円、中)、おつまみ3種の盛り合わせA(600円、奥)/京都ビアラボ

すべての画像を見る(8件)

高瀬川沿いの閑静なエリアにあり、つねに造りたてのビールを味わえる。

醸造タンクが見えるカウンター席のほか、立ち飲みスペースもあり/京都ビアラボ

醸造タンクが見えるカウンター席のほか、立ち飲みスペースもあり/京都ビアラボ

壁一面を使った黒板にその日のビールが表示されている。

■京都ビアラボ<住所:京都市下京区十禅師町201-3 電話:075-352-6666 時間:15:00~22:00(LO21:30)、金曜、祝前日15:00~23:00(LO22:30)、土日祝13:00~23:00 休み:不定休 席数:5席+スタンディング15人 駐車場:なし アクセス:京阪七条駅より徒歩5分>

SPRING VALLEY BREWERY KYOTO

クラフトビールを味わえる「スプリングバレーブルワリー」が関西に初進出。京都・与謝野産のホップを使ったIPAなど、京都限定を含む約12種の自社醸造ビールと、旬の和素材を生かした料理を約70種提供する。

【写真を見る】クラフトビールに合わせた6種のおつまみとの組み合わせが楽しめるペアリングセット(2300円)/SPRING VALLEY BREWERY KYOTO

【写真を見る】クラフトビールに合わせた6種のおつまみとの組み合わせが楽しめるペアリングセット(2300円)/SPRING VALLEY BREWERY KYOTO

ビールは種類によってグラスの形や注ぎ方を変えて提供。

和のしつらいを生かしたモダンな空間も魅力/SPRING VALLEY BREWERY KYOTO

和のしつらいを生かしたモダンな空間も魅力/SPRING VALLEY BREWERY KYOTO

■SPRING VALLEY BREWERY KYOTO<住所:京都市中京区富小路通錦小路上ル高宮町587-2 電話:075-231-4960 時間11:00~23:00(LO22:00、LOドリンク22:30)、日曜11:00~22:00(LOフード21:00、LOドリンク21:30) 休み:なし 席数:134席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:阪急河原町駅より徒歩5分>

酒場トやさい イソスタンド

京都の人気居酒屋 五十棲、isoizmなどを手がける五十家グループが、スタンディングも可能な町家店をオープン。自家農園や京都の契約農園の新鮮な野菜を使った創作料理やアテが豊富にそろう。

 豚バラとズッキーニ~パルメザンチーズと温玉と~(900円、奥)、レモネードサワー(650円、手前)/酒場トやさい イソスタンド

豚バラとズッキーニ~パルメザンチーズと温玉と~(900円、奥)、レモネードサワー(650円、手前)/酒場トやさい イソスタンド

素揚げしたズッキーニと豚バラに、パルメザンチーズと温泉卵をオン。自家製レモネードのサワーも美味。野菜を使った創作メニューのほか、バターのコクが八つ橋とよく合う、自家製レーズンバターと八ツ橋(600円)などお酒が進む一品もそろう。

築70年ほどの京町家を改装/酒場トやさい イソスタンド

築70年ほどの京町家を改装/酒場トやさい イソスタンド

スタンディングなら、ドリンクを100円引きに。1階はスタンディングとカウンター席で、2階はテーブル席に。調理風景が見えるオープンキッチンも魅力。

■酒場トやさい イソスタンド<住所:京都市中京区蛸薬師通室町西入姥柳町190-2 電話:075-585-5613 時間:16:00~24:00(LO23:30) 休み:不定休 席数:48席+スタンディング8人 タバコ:分煙 駐車場:なし アクセス:阪急烏丸駅、地下鉄烏丸四条駅より徒歩7分>

酒場エビス

京都や滋賀の新鮮な食材を使った料理とレモンサワー、厳選した日本酒を味わえる。レモンサワーはレギュラーサイズで丸ごと1個分のレモンを使用。凍った状態から徐々に溶けていくことで、味わいの変化も楽しめる。

名物レモンサワー(626円、左)、メガレモンサワー(1058円、右)/酒場エビス

名物レモンサワー(626円、左)、メガレモンサワー(1058円、右)/酒場エビス

凍らせたレモンを使う強炭酸の一杯。飲み終えてもナカ(サワー)が302円で、メガナカは518円でお代わり可能。5杯飲んだ人もいるとか! 焼酎にレモンの果肉と皮を漬けて作る自家製のベースはすっきりとした味わい。そのほかにも、近江牛のブリスケを使った名物、近江牛肉豆富(518円)は甘めの味付け。

席にはUSBコンセントもあり/酒場エビス

席にはUSBコンセントもあり/酒場エビス

■酒場エビス<住所:京都市中京区米屋町378-1 電話:075-708-8262 時間:17:00~23:00(LO22:30)、金土17:00~24:00(LO23:30) 休み:日曜 席数:30席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:阪急河原町駅より徒歩4分>

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る