ハマの定番おやつ 鎌倉の隠れた名店「3時のおやつ工房」

2018年11月8日 17:01更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

おとぎ話に出てきそうなかわいらしいビジュアルの店舗(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

おとぎ話に出てくるようなメルヘンチックな外観が目を引くスイーツ店「3時のおやつ工房」。北海道の新鮮なバターやカルピス社の高級生クリームなど厳選した食材を使用したスイーツの数々は、シンプルだけど素材の味を十分に楽しめるのが特徴だ。また、保存料や添加物を使用せずフレッシュなものだけで作るので、近隣の幼稚園のおやつなども手掛けている。

木のぬくもりを感じる店内(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

庭の木々に合わせて設計をしている店内の窓からは緑が広がる。また、店内にはオーナーパティシエの八重樫さんが趣味で集めたプチサンプルがところ狭しと並んでいて、おもちゃ箱のようなかわいらしく楽しみのあるインテリアもポイントだ。

庭の緑に隠れたウサギやカエルのオブジェもかわいらしい(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

「3時のおやつ工房」の気になるスイーツベスト3はこちら!

第3位 旬のフルーツがふんだんにのった「フルーツタルト」

【写真を見る】「フルーツタルト」(430円)。季節によってフルーツは異なる(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

熟した旬のフルーツだけを使った「フルーツタルト」(430円)。タルトの生地上にアーモンドダマンドとカスタードクリームをのせ、旬のくだものを約6種トッピング。クリームや生地は甘さ控えめなので、フルーツの甘さがより引き立ってフルーツ好きにはたまらない。

第2位 コロンとしたフォルムがかわいい「キャラメルサンドほろほろクッキー」

ほろほろした食感が特徴の「キャラメルサンドほろほろクッキー」(2個250円)(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

焼き菓子の中で一番人気の「キャラメルサンドほろほろクッキー」(2個250円)。卵不使用のクッキー生地は、口の中でほろほろと砕けしっとりした食感も楽しめ食べやすい。煮詰めないよう手間をかけたキャラメルクリームはなめらかな舌触りが特徴であとを引くおいしさ。

第1位 チーズの濃厚な味わいがいい「ブルーベリーレアチーズタルト」

フレッシュなブルーベリーもたっぷり!「ブルーベリーレアチーズタルト」(430円)
(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

全ての画像を見る(6件)

上質なクリームチーズを使った濃厚であと味さっぱりの「ブルーベリーレアチーズタルト」(430円)。ブルーベリーとチーズの間に生クリームを挟みクリーム感もプラス。フレッシュなブルーベリーが口の中で弾け、濃厚なチーズと絡まりとてもおいしく、チーズの味もたっぷり楽しめるレアチーズタルトだ。

鎌倉・大町の住宅街の奥に突如として現れるスイーツ店。原料にこだわり、素材の味を引き出したスイーツの各種は大人も子供も大満足。焼き菓子もケーキもリーズナブルな価格設定は店主の「毎日のおやつに食べてほしい」想いから。今日のおやつは「3時のおやつ工房」のスイーツで決まり!【取材・文/橘 孝枝、構成/奥村沙枝奈、撮影/奥西淳二】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る