“マリ”や“ぷちえう゛ぁ”も!エヴァの分冊百科が新劇場版に突入

2010年8月27日 11:29更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

エヴァンゲリオンの世界をさまざまな角度から取り上げているデアゴスティーニの「週刊 エヴァンゲリオン・クロニクル 新訂版」(690円)が、8月24日発売の第31号から新劇場版に突入! 大ヒットを記録した『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』と『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の情報を中心に、その魅力を余すところなく徹底解説している。

同商品は、エヴァの要素を7種類のシートに分類し、多彩なビジュアルと詳細なテキストを用いて紹介する人気マガジンシリーズ。この号からは5つの章で構成され、エヴァ唯一の公式デフォルメシリーズとして人気が高い「ぷちえう゛ぁ」が新しい章として登場するほか、「新劇場版グッズ&イベント」や前回の「エクストラシート」にはなかった、「パチンコ・パチスロ」などを紹介。さらに、今回は「応援団」としてエヴァンゲリオン好きで知られる数々の著名人のインタビューも掲載されている。

記念すべき第1回のインタビューに登場したのは、先日、再起動が決まった人気ロックバンド「L'Arc~en~Ciel」のリーダー&ベーシストtetsuya氏。「オモチャ屋で綾波レイのフィギュアを見た」というエヴァとの最初の出会いや、“極秘”スタンプをオーダーメイドで作ったエピソードのほかに、「エヴァがなかったら、今の僕はいないかもなって。ちょうど、人生の中で1番辛かった時期にエヴァに出会って、シンジくんの『逃げちゃダメだ』って台詞を自分に言い聞かせて、なんとかやり過ごした時期もあったんです。エヴァなしに僕の事は語れないです」といった、エヴァに対する熱い思いが語られているので、こちらも必見だ。

このほか、真希波・マリ・イラストリアスなどの主要キャラクターを大サイズの描き起こしイラストと共に紹介する「新劇場版キャラクターシート」、新劇場版に登場するアイテムを解説しながら、ストーリーの流れを紹介する「新劇場版ストーリーシート」、EVAシリーズや使徒などの主要メカニックをダイナミックな描き起こしイラストで紹介する「新劇場版メカニックシート」など、従来のファンだけでなく新たなファンも楽しめる内容となっているので、気になる人はぜひチェックしてみて!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る