煮干しと節が織りなすツルリとした喉越しがたまらない!宮城の殿堂店「沼田商店 麺組」

2018年10月27日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ラーメンWalker編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

宮城のラーメン界の一大勢力である淡麗界。その中から県内屈指の人気を誇り「ラーメンWalker GP2018」殿堂店になった店を紹介する。

妥協のないラーメン作りが生む、魚介香る至高の醤油らーめん「沼田商店 麺組」

岩沼市郊外にあるハナトピア岩沼の敷地内にある「沼田商店 麺組」。駐車場もスペースが広く確保されている

岩沼市郊外にあるハナトピア岩沼の敷地内にある「沼田商店 麺組」。駐車場もスペースが広く確保されている

すべての画像を見る(5件)

岩沼市街で宮城県きっての人気店として確たる地位を築いた「麺組」が、2017年に岩沼市郊外に移転したのは、宮城ラーメン界にとって大きなニュースだった。「市街地からあれだけ離れてうまくいくのか」、業界の注目を集めるなか、店主の沼田勝久氏はひょうひょうとそれをやってのけた。新店舗の広い客席は、相変わらずいつも満席であり、行列が絶えることはない。

【写真を見る】匠沼田氏の技術が全て注ぎこまれている醤油らーめん730円

【写真を見る】匠沼田氏の技術が全て注ぎこまれている醤油らーめん730円

「いつも同じ味ではだめ」そう話す沼田氏は、日々おいしく変化していくよう、妥協のないラーメン作りを行っている。宮城ラーメン界のスタンダード的な存在になった「醤油らーめん」(730円)は、3種の煮干しと6種の節、昆布やホタテなど多くの魚介系の素材を使ったスープからなる。ツルリとした喉越しと小麦の香る自家製麺もさすがの味わいで、沼田氏が心血を注いで完成させた、まさに極上一杯である。

広くなった店内。平日14時過ぎ&夜が狙い目

広くなった店内。平日14時過ぎ&夜が狙い目

広くなった店内で、以前より客席数も増えた。とはいえ忙しさは相変わらず。休日ともなると多くの客が開店前から列を作る。

オリジナリティあふれる製法で作られた「味噌らーめん」(850円)

オリジナリティあふれる製法で作られた「味噌らーめん」(850円)

スパイシーな香りを放つ、「麺組」ならではの「味噌らーめん」(850円)もぜひ食べたい。米の油でスパイスを炒めるなど、オリジナリティあふれる製法で作られている。

県内きっての人気店を築いた店主の沼田氏

県内きっての人気店を築いた店主の沼田氏

妥協なき味を作り続ける店主の情熱にぜひ触れてほしい。

■沼田商店 麺組 住所:岩沼市三色吉字雷神7-1 ハナトピア岩沼 電話:0223-23-6268 時間:11:30~15:00、17:30~19:00 土日祝11:30~15:00 ※スープがなくなり次第終了 休み:火・第4月 席数:42席(カウンター6、テーブル36) タバコ:禁煙 駐車場:80台(無料)

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る