感動!こだわりの“自家製麺”が旨い愛知の絶品ラーメン店

2018年12月5日 19:55更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

自家製麺はおいしい。なんとなく、そんなふうに考えないだろうか。豊富なノウハウを持つ製麺所にまかせても、おいしい麺はでき上がる。にもかかわらず、高価な製麺機を導入し技術を身に付け、仕込みの時間を確保して自ら麺を作る。ただひとえに「納得のいく麺を作りたい」から。自家製麺を掲げる店には強い覚悟があり、客はその思いを感じて期待する。

今回は数ある店のなかから、期待を裏切らない愛知の実力店を紹介しよう。

香り高く喉越しなめらか!地元もち大麦と国産小麦の麺が繊細なスープと相性抜群

●「ガチ麺道場」(愛知県豊川市)

「鶏と魚の塩そば」(850円)/「ガチ麺道場」

全ての画像を見る(15件)

店を始める時は自家製麺しか考えていなかったという、店主渾身の麺が味わい深い。「ガチ麺道場」では、現在は4種類の麺を作り、麺の味を生かすスープで提供。厳選素材から取る無化調スープは上品で、優しく体に染み入る。「鶏と魚の塩そば」(850円)は、鶏から取るスープと、昆布や煮干しなどを使った和ダシのバランスが秀逸。真空低温調理のチャーシューといった具材との一体感も良い。

【こだわり麺はこうして作られる】

(1)5種類の粉を使用。「鶏と魚の塩そば」では4種類をブレンド

こだわり麺はこうして作られる(1)/「ガチ麺道場」

(2)豊橋産のもち大麦(手前)を配合。もちっとして、風味も豊かに

こだわり麺はこうして作られる(2)/「ガチ麺道場」

(3)かんすいと天日塩入りの水を、粉と合わせる。量と温度が重要

こだわり麺はこうして作られる(3)/「ガチ麺道場」

(4)製麺機でのミキシングののち、手でもしっかりと練り混ぜる

こだわり麺はこうして作られる(4)/「ガチ麺道場」

(5)第1成熟を重視。一般的な第2熟成は行わない

こだわり麺はこうして作られる(5)/「ガチ麺道場」

完成した自家製麺/「ガチ麺道場」

【店舗DATA】住所:愛知県豊川市美園3-13-2/電話:090-1623-8359/時間:11:00~14:00 ※麺・スープがなくなり次第終了/休み:火曜・水曜

小麦の味がストレートに出た麺にまろやかなスープがよく絡む

●「麺屋 さくら」(愛知県半田市)

【写真を見る】「麺屋 さくら」の「さくらラーメン」(800円)は、豚肉から取ったスープと和風魚介スープのダブルスープが絶妙

イタリアンに携わった経験などから麺作りに抵抗がなく、10年のオープン時から自家製麺がスタンダードな「麺屋 さくら」。夫がスープ、妻が製麺を担当することで自由に意見が交わせ、クオリティの高い一杯が生み出される。「さくらラーメン」(800円)は、骨よりも旨味の濃い豚肉から取ったスープと、和風魚介スープのダブルスープが絶妙な味わい。豚肩ロースのチャーシューも美味。

【こだわり麺はこうして作られる】

(1)愛知県産の「ゆめあかり」をメインに、北海道産の「春よ恋」をブレンド

こだわり麺はこうして作られる(1)/「麺屋 さくら」

(2)粉や水は冷蔵し、室温も一定に。通年同じ条件、環境で製麺する

こだわり麺はこうして作られる(2)/「麺屋 さくら」

(3)低加水麺なので、水を加えてミキシングしたあとでも粉っぽい

こだわり麺はこうして作られる(3)/「麺屋 さくら」

(4)形成したグルテンを壊さないよう、低速で作業を進めていく

こだわり麺はこうして作られる(4)/「麺屋 さくら」

(5)圧をかけて生地を帯状に延ばしたあと、鍛える。各作業を3回ずつ行う

こだわり麺はこうして作られる(5)/「麺屋 さくら」

(6)切り刃をセットして麺を切る。粗熱と湿気を取り、冷蔵庫で保管

こだわり麺はこうして作られる(6)/「麺屋 さくら」

完成した自家製麺/「麺屋 さくら」

【店舗DATA】住所:愛知県半田市出口町1-45-16/電話:非公開/時間:11:00~15:00 ※麺・スープがなくなり次第終了/休み:火曜・水曜、不定休

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る