間借り営業から独立した、神奈川の実力派ラーメン3店

2018年11月7日 11:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

家系や神奈川淡麗系など数多の〝神ラーメン"が集う神奈川は、年間に100軒近くの店がオープンする首都圏屈指の激戦区だ。独立を目指す若き店主たちは、さまざまな場所で腕を磨いている。そのなかで近年増えている「間借り営業」で話題になっていた、実績十分の店主たちが、ここ1年で続々と独立オープン。間借り営業とは、店舗の定休日などに店を借りて営業をすること。独立を目指す修業の場や自身の新しい試みの場として増えている。

藤沢のコワーキングスペースでの営業を経て独立!「53’s Noodle」

醤油そば。素材の旨味を丁寧に抽出し、それを足し算でスープを構築する

全ての画像を見る(14件)

町田の人気店「超純水採麺 天国屋」で腕を振るっていた五味辰也さん。藤沢のコワーキングスペース「NEKTON FUJISAWA」で金曜の夜のみ独立へ向けて腕を磨き、煮干しのほか、毎週異なるメニューを出していた。2018年6月についに独立オープン。鶏ガラや煮干し、カツオ節などを合わせた雑味のないクリアなスープが絶品で、素材の旨味が存分に味わえる。

【写真を見る】「53’s Noodle」店主の五味辰也さん。素材の一つ一つの旨味を出すことを心がけている

煮干水のつけ麺(900円)。麺には煮干しダシが入る。つけダレにつけると煮干しと鶏の風味が広がる

醤油そば(780円)は鶏と魚介が上品に合わさり、やや甘味のある醤油ダレにマッチ。最後まで飲み干せる体に優しいスープは絶品だ。このほか、煮干水のつけ麺(900円)も。煮干しダシが入った麺は、つけダレにつけると煮干しと鶏の風味がいっぱいに広がる。

店の外観。湘南台駅よりすぐ

カウンターはゆったりとしており過ごしやすい

■53’s Noodle(ゴミズ ヌードル)※2018年6月13日オープン 住所:神奈川県藤沢市湘南台2-16-11 電話:046-666-6509 時間:11:30~14:30、水曜、金曜、土曜11:30~14:30、18:00~21:00(各LO) 休み:月曜(祝日の場合翌日) 席数:8席(カウンターのみ)※禁煙  駐車場:なし アクセス:小田急線、相鉄線、市営地下鉄線湘南台駅西口Dより徒歩1分

G系の人気店「ファットン」での不定期営業を経て独立! 「麺屋 づかちゃん」

特製ラーメン(1,050円)。約13時間炊き出した豚骨スープは豚の旨味がギッシリ

G系の人気店でもある白楽の「ファットン」出身で、働いていた「ファットン」の定休日である日曜の昼のみ不定期営業をしていた小野塚文太さんがオープン。「ファットン」よりもさらに豚の濃度を高くした乳化スープが絶品だ。カツオベースのスープ割りができるので濃度調整も。G系が苦手な人にはミニラーメン(700円)もある。

「麺屋 づかちゃん」店主の小野塚文太さん

特製ラーメン汁なし(1,150円)。濃厚な醤油ダレに太麺が絡む。タマネギやカツオ節などよく混ぜて味わおう

特製ラーメン(1,050円)は、豚チャーシュー4枚に味玉も付き、総重量1,200gにもなるボリューム。茹でたモヤシとキャベツもたっぷりで食べごたえのある一杯だ。このほか、特製ラーメン汁なし(1,150円)もおすすめ。濃厚な醤油ダレに太麺が絡む!

新杉田駅から徒歩6分

■麺屋 づかちゃん ※2018年5月26日オープン 住所:神奈川県横浜市磯子区杉田4-2-17 電話:非公開 時間:11:00~15:00、17:00~22:00、日曜11:00~15:30(各LO) 休み:月曜 席数:11席(カウンターのみ) 駐車場:なし アクセス:JR線新杉田駅西口、シーサイドライン新杉田駅2出口より徒歩6分

焼肉店などの間借り営業を経て独立! 「超濃厚鶏白湯ラーメン専門店 自家製麺 鶏ふじ」

鶏白湯麺(750円)。豚骨のように濃厚だがベタつかない

桜木町「野毛ホルモンセンターはなれ」や、関内「焼肉 匠家33」などで社員として働く傍ら、間借りで週1日2時間の営業していた高野裕之さんが独立。鶏白湯麺(750円)は5~6時間大きな圧力釜で炊いたスープは旨味が凝縮。濃厚ながら臭みはなく、あと味のよさに驚く。塩ダレのキレもいい。自家製麺は、平打ちの太麺。濃厚ながら、サラリとしたスープを絡め取る。鶏白湯はニンニク鶏油など食欲をそそる風味ながら、さらりと食べやすい。ランチは雑炊セット無料だ。ほかにも、特濃鶏白湯麺(850円)は通常の1.5倍の濃度でインパクトあり。昼夜各15食限定だ。

特濃鶏白湯麺(850円)。通常の1.5倍の濃度でインパクト大! 昼夜15食限定。梅干付き

「超濃厚鶏白湯ラーメン専門店 自家製麺 鶏ふじ」店主の高野裕之さん

「残ったスープまで楽しめるよう、雑炊セット(150円)もぜひ試してください。ライス、梅干し、シソ、ゴマが付いてきますのでシメの一杯としておすすめです」と店主の高野さん。

遠くからでも目立つ看板

■超濃厚鶏白湯ラーメン専門店 自家製麺 鶏ふじ ※2018年2月20日オープン 住所:神奈川県横浜市中区住吉町5-51 馬車道会館ビル1F 電話:045-319-6066 時間:11:00〜15:00、18:00〜24:00(各LO) 休み:日曜 席数:16席(カウンター12、テーブル4) 駐車場:なし アクセス:JR線関内駅北口、市営地下鉄線関内駅9出口から徒歩2分

間借り営業で実力をつけた、注目の店。神奈川の次世代をけん引する期待の店を巡ってみよう!

この記事の画像一覧(全14枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る