14時前に売切れも⁉ 喜多方の名店仕込みの一杯は、肉厚チャーシューが12枚ビッシリ!

2018年11月1日 8:05更新

東京ウォーカー(全国版) 【ラーメンWalker福島2019 編集部】

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

チャーシューメン(喜多方らーめん 伊藤)

すべての画像を見る(4件)

福島県・会津坂下(ばんげ)町の「喜多方らーめん 伊藤」は、喜多方の「一平」や「さゆり食堂」などの名店で経験を積んだ店主が開業した。〈※情報は発売中の「ラーメンWalker福島2019」より〉

煮干しが主体ながら魚介の臭みはなく、合わせた豚の背ガラやゲンコツから旨味を抽出するのがこだわり。あっさりしながらもコクのあるスープと、まろやかな醤油ダレとのバランスが絶妙だ。

肉厚チャーシューと手もみ縮れ麺が最高!

チャーシューメン(900円)は、丼をおおい尽くすチャーシューがなんと12枚も入ってボリューム抜群。味も醤油がしっかり染み込んで濃厚、しかも肉厚だ。朝日屋製麺製の手もみ縮れ麺は喉越しのよさが魅力。

【画像を見る】たっぷりの背脂と肉が丼を覆う! 背油ラーメン(喜多方らーめん 伊藤)

背油らーめん(750円)は、たっぷり入った背脂の甘さが豚骨の旨味を引き立て、絶妙なマイルドさ。ドーンと盛られたネギも格好のアクセントになっている。

国道沿いの店舗は決して好ロケーションとは言えないが、大人気のため14:00前に終了することも多いという。

外観(喜多方らーめん 伊藤)

店内(喜多方らーめん 伊藤)

●住所:福島県河沼郡会津坂下町塔寺堤ノ上2658-1 営業時間:11:00〜14:00(LO)※材料がなくなり次第終了

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る