江戸時代から続く年に一度の「大坊市」が香川県三豊市で開催

2018年11月14日 12:39更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

香川県三豊市の本門寺で11月22日(木)から25日(日)まで、「大坊市」が開催される。

グルメを中心とした出店で賑わう
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

地元では「だいぼうさん」と呼ばれ親しまれている本門寺。江戸時代から続く恒例の大坊市が今年も開かれる。地元の特産品や農産物が境内にずらりと並ぶほか、人形浄瑠璃の公演や、特産品である張り子の虎の絵付け体験などもできる。

担当者は「農具や植木の中には掘り出し物もあり、それを探しあてるのも楽しみのひとつです」と、とっておきの情報を教えてくれた。

【写真を見る】掘り出し物がお買い得価格で手に入るかも写真は主催者提供

別名「くいもん市」とも呼ばれるほど多くのグルメを楽しめる「大坊市」に行こう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る