せんとくんファミリーが集結!代官山“かぶりものカフェ”

2008年12月10日 19:25更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ユニークな外見が物議を醸し、いまでは超人気ゆるキャラの地位を確立した「せんとくん」。そのせんとくんファミリー5人が12/13(土)に東京・代官山に集結、この日から始まる「NARA★かぶりものカフェ」に現れる。

これは「奈良県代官山iスタジオ」のさよならイベントの一環。残念ながらせんとくん自身は別件があり欠席するのだが、兄の鹿坊、祖父の鹿爺、さらに友人である阿修羅坊、酒仙童子、善財童子の5人が代官山に初登場するのだ!

この5人、いずれもせんとくんに劣らぬ実に個性的な風貌なのだが、彼らが訪れる“かぶりものカフェ”も実にユニーク。「天井から蚊帳がつるされた中で、“鹿バイザー”や“大仏キャップ”など、30種類あるかぶりものからお好きなものを選んでかぶっていただけます。楽しい気分で奈良漬ケーキ(500円、コーヒー、紅茶、大和茶のいずれか1ドリンク付き)など奈良ゆかりのメニューを味わってください」とiスタジオの伊藤さんは語る。さらに12/13(土)は、13時、15時、17時の3度に渡って、前述の5人が現れるというわけだ。

想像しただけでも“カオス”な雰囲気が浮かぶこのカフェ。5人が来場するのは12/13(土)のみだが、14(日)、20(土)・21(日)の4日間に渡って開設される。「05年10月にオープンした代官山iスタジオですが、09年4月に日本橋に移転することになり、12/27(土)で閉館いたします。最後ですからインパクトのあるイベントになるといいですね」と伊藤さん。インパクトの強さは保証済みだけに、12/13(土)はぜひカメラ片手に代官山に出かけてほしい。【東京ウォーカー/末次】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る