超濃厚スープと極太麺のハーモニー!仙台つけ麺の先駆け的存在「麺屋とがし 本店」

2018年11月24日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ラーメンWalker編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

仙台のラーメン界で一大勢力になりつつあるつけ麺。その中から、東京の「麺屋武蔵」グループで修業した店主が2004年にオープンした、仙台のつけ麺シーンの先駆的存在の人気店を紹介する。

濃厚つけ汁が太麺に絡む個性派つけ麺が見参!「麺屋とがし 本店」

豚骨と魚介をベースにしたスープは、仙台でも屈指の濃厚さで知られる同店。ゲンコツをこれでもかというくらい長時間煮込み、ドロドロになるまで乳化させ濃厚な仕上がりに。さらに魚介も加え香りと味を調え、超濃厚スープのでき上がりとなる。

【写真を見る】驚きの弾力の自家製麺を濃厚スープで楽しむ。とがしの濃厚つけ麺(白)1050円

【写真を見る】驚きの弾力の自家製麺を濃厚スープで楽しむ。とがしの濃厚つけ麺(白)1050円

「とがしの濃厚つけ麺」(白 1050円)などメニューに「とがしの」と付くものは厳選トッピングが付いていてお得。エビの香りと濃厚な味わいがインパクト大。麺量は200g~1 kgまで同料金で用意。特に人気はエビが香ばしいつけ麺(白)や海老トマトつけ麺(880円)などの個性派だ。

香り高く味わいのある自家製太麺だからこそ濃厚スープとの相性が抜群にいい

香り高く味わいのある自家製太麺だからこそ濃厚スープとの相性が抜群にいい

そこで必要となるのは、濃厚スープに負けない強靱な麺。「とがし」の麺は、つけ麺とラーメンとで異なる。つけ麺は基本的に打ちたてを出し、ラーメンの麺は少し寝かせたものを出している。そしてなにより驚かされるのが、つけ麺専用の極太麺の圧倒的重量感だ。箸でたぐった瞬間ズシリと来る。食感はモッチリしていて、噛み応えがありつつ喉越しが悪いわけではない。この濃厚スープと極太麺のハーモニーを楽しもう。

店内はカウンターのみ。スタッフの手際を眺めながら着丼を待つ

店内はカウンターのみ。スタッフの手際を眺めながら着丼を待つ

魚介の香りを感じまくれ!とがしのら~麺(黒)950円

魚介の香りを感じまくれ!とがしのら~麺(黒)950円

「とがしのら~麺」(黒 950円)とつけ麺の食べ比べもおすすめ。つけ麺同様、濃厚な仕上がりのスープは魚介の香りがインパクト大。さまざまなメニューを食べ比べして楽しもう。

■麺屋とがし 本店 住所:仙台市泉区南光台2-14-59 パルネット江波101 電話:022-272-7718 時間:11:30~14:30、17:30~21:00、土日祝11:30~15:00、17:30~21:00(各LO) 休み:なし 席数:10席(カウンターのみ) タバコ:禁煙 駐車場:14台(無料)

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る