横浜ベイホテル東急のディナーブッフェ「こだわり食材 北海道」フェアがすごい!

2018年11月15日 12:10更新

横浜ウォーカー 取材・文=横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

横浜ベイホテル東急、2階オールデイダイニング「カフェ トスカ」で、ディナーブッフェ「ナイト・キッチンスタジアム こだわり食材 北海道」が開催中だ。北海道と命名されて150年を迎えた2018年。2016年、2017年に続き再登場のブッフェだ。

北海道を丸ごと味わえる贅沢なメニューの数々!

プラチナディッシュとして席まで運んでもらえる「オホーツク産 蒸しガニ 丸ごと1本」(一人一皿・大人のみ)

すべての画像を見る(7件)

今回の目玉は、“プラチナディッシュ”として席まで運んでもらえる「オホーツク産 蒸しカニ 丸ごと1本」(一人一皿・大人のみ)。 身がぎゅっとしまって弾力があり、食べ応え満点の蒸しカニがお目見え!

【写真を見る】好きなだけ乗せて味わおう!「北海道産 イクラ醤油漬け 丼スタイル」

紅ズワイガニのボイル お好みのコンディメントで

まずブッフェ台で目に付くのが、“スペシャルコーナー”と題したイクラ&カニのコーナー。大ぶりの「紅ズワイガニのボイル お好みのコンディメントで」、「北海道産イクラ醤油漬け 丼スタイル」はアツアツの白飯にイクラを好きなだけオン!イクラ好きにはたまらない贅沢な一品だ。

見よ!この大ぶりなシジミ。網走産 角崎商店さんの“しじみ”スープ。写真は小川シェフ

「網走湖産 角崎商店さんの“しじみ”のスープ」のシジミは大粒! スープはシジミの旨味が凝縮され、ほかでは味わえない濃厚な味わいに仕上がっている。ほかにも「オホーツク産塩焼きそば 鉄板焼き」、「パルミジャーノ・レッジャーノで和える大空町ジャガイモの芋もち ニョッキ風」「小樽発祥“パンカマ”トスカスタイル」などでき立てが魅力のアクションコーナーも充実。

冷製コーナーでは「北海道サーモンの握り寿司風」「北海道産とうもろこしのブルーテ」「北海道宗谷産もずくのアンティパスト風」などが並ぶ。サイドアクションコーナーでは「北海道産ベジタブル アリゴ風チーズフォンデュ&バーニャカウダスタイル」が。野菜に濃厚なチーズをたっぷりつけて味わおう!

「オホーツク産 道山さんの秋刀魚の糠漬けと千葉さんの山わさびのピラフ」

温製コーナーは「オホーツク産 道山さんの秋刀魚の糠漬けと千葉さんの山わさびのピラフ」もおすすめ。ご飯ものでお腹がいっぱいになる! 「仔羊肉カルビのジンギスカン風 トスカスタイル」など、力強い北海道産の肉&魚メニューが並ぶ。

スイーツも充実!

クリスマス仕様に演出されたムードあふれる店内

また、2018年11月16日(金)には特別イベント「SOYA-NIGHT」を開催する。小川勝哉シェフが食材探しの旅で訪れた、最北の地・宗谷。海を渡って利尻島にも赴き、出合った食材が味わえる特別ディナーブッフェだ。一夜限りのイベントなので、こちらもチェックしよう。

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る