知られざる「餃子の王将」のヒミツに迫る!新感覚の味わいが楽しめる、スタッフ直伝の食べ方とは!?

2018年11月23日 17:30更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

今回は、メディアでも多数取り上げられている「餃子の王将」を調査!スタッフ直伝の食べ方や看板メニューの餃子の豆知識など、知られざる側面を深堀りして紹介する。

スタッフ直伝!餃子のアレコレを公開

「餃子」(6個237円)は、「餃子の王将」の看板メニュー。レシピは社内の数人しか知らず、秘伝の調味料と新鮮な食材、もちもちの皮が組み合わさることで完成する。

やみつきになる味!定番の「餃子」(6個237円)

すべての画像を見る(5件)

具材となる豚肉やキャベツ、ニラなどの食材は、国産を使用。なかでも小麦粉は豊かな風味の北海道産、ニンニクは甘味のある青森県産にこだわることで、旨味たっぷりの餃子に仕上げている。

三河高浜店のスタッフ・篠原さんによると、定番のつけダレ以外にも、酢と胡椒で作るタレにつけて食べるのがおすすめだという。酢のさっぱりとした味わいに、胡椒のパンチが加わり新感覚の味わいだ!

【写真を見る】餃子がもっとおいしくなる!酢と胡椒で作るタレを試してみて!!

テレビ放送で話題となった、“ワンバン方式”と呼ばれる食べ方も試してみよう。ご飯の上にタレを付けた餃子をのせると、素材とタレの旨味がご飯に染み込んで絶品だ。

餃子のタレが染み込んだご飯は、おいしくないわけがない!

そんな餃子のおいしさを支えるのが、王将調理道場。各店舗の店長が調理方法などの講習を受ける場所で、教えを各店で共有することで、「餃子の王将」伝統の味をどの店舗でも味わえるのだとか。

「餃子の王将」の味を伝承する 調理道場があった!

創業50周年キャンペーンを開催中!

「餃子の王将」(一部店舗除く)では、オリジナル限定グッズがもらえるキャンペーンを実施中。会計時500円ごとにスタンプを押印してもらえる形式で、スタンプの個数に応じてさまざまな賞品をGETできる。スタンプの押印期間は2018年12月9日(日)まで。引き換え期間は12月23日(祝)まで。

スタンプを35個集めるともらえる、実際に店舗で使用しているものと同じデザインラーメン鉢。底には50周年のロゴが!

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る