伝統工芸品やアクセサリーなど世界の良品が集まる、Francfrancの新ブランド「Master Recipe(マスターレシピ)」が京都に

2018年11月22日 22:35更新

関西ウォーカー 鳴川和代

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ボスニア・ヘルツェゴビナからやってきた木工品。ほんの20年前まで戦地だった国にも美しい工芸が受け継がれている

店舗の内装はアーティストとしても活躍するGLAMOROUS co.,ltd代表の森田恭通氏。店内に流れる音楽はアーティストの沖野修也氏。ストアコンセプトの「かんじる」を表現した音楽は、心地よい時間を演出する。

日本各地、世界各国の工芸品が並ぶ。その美しさを再認識させてくれる店だ

白い壁が温かみを感じる店内には、必要以上の商品を置かず、それぞれのものが引き立て合うような空間演出が施されている。1階には磁器、陶器、洋食器やメタルの器、布小物、アクセサリーなど、2階にはフレグランスやバス周りの商品、ファブリックなどいずれも身近な存在なのに美しい工芸品が並。いずれも丁寧に作られた品々は大人の心を魅了してやまない。

これは金閣寺の古材で作られた器。古材なので虫食いの跡などもそのまま。二つとして同じものがない。価格は28000円~292200円

紅葉の京都を訪れたら、ぜひ訪れて、世界の良品に触れてみたい。

■Master Recipe 京都祇園店

住所:京都市東山区祇園町南側570-125

時間:11:00~19:00

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る