イルミネーションで駅前通りが輝く!宮城県登米市「豊里駅前冬の蛍通り」

2018年12月2日 7:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

宮城県登米市の豊里駅前一帯で、2019年1月31日(木)まで「豊里駅前冬の蛍通り」が開催中だ。

イチョウ並木や産直がんばる館をライトアップする
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

豊里駅前通りの約100本、400メートルのイチョウ並木と、特産品などを販売する産直がんばる館が約4万球のイルミネーションで彩られる。12月24日(月)、25日(火)、12月31日(月)から2019年1月3日(木)はオールナイトで点灯を実施。幻想的なライトアップを存分に楽しめる。

【写真を見る】駅周辺で繰り広げられる、雪国ならではの光の演出が楽しめる写真は主催者提供

担当者は「宮城県登米市豊里町の冬を彩るやわらかな光のイルミネーション。駅周辺で繰り広げられる、雪国ならではの光の演出が楽しめます。 大切な方とぜひ訪れてみてください」と語る。

冬の風物詩となっているイルミネーションを満喫しに、宮城県登米市に行こう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る