奈良県天理市で冬のイルミイベント「天理市光の祭典2018」が開催

2018年12月1日 16:45更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
「光と音楽」をテーマにしたライトアップ

「光と音楽」をテーマにしたライトアップ

すべての画像を見る(3件)

12月2日(日)から2019年1月12日(土)まで、奈良県天理市で「天理市光の祭典2018」が開催される。県下最大・約30万球のイルミネーションが天理市の冬の風物詩として定番となった一大イベント。

【写真を見る】県下最大、約30万球のイルミネーション

【写真を見る】県下最大、約30万球のイルミネーション

会場では「光と音楽」をテーマに、光の装飾が設置され、冬の澄んだ空気に美しい光が瞬く。メイン会場となる天理駅西側公園には、巨大ツリー、動物のオブジェ、光のトンネルなどフォトジェニックなスポットが登場し、華やかな雰囲気に包まれる。

初日の12月2日(日)にはオープニングイベントとして点灯式が行われるほか、12月16日(日)には「カップリングパーティー」も開催。美しいイルミネーションが輝く空間で、家族やカップルでロマンチックなひとときを楽しもう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る