名古屋に初上陸!おいしい&かわいい紅茶が楽しめる、リプトンのティースタンドってどんなところ?

2018年11月28日 18:48更新

東海ウォーカー 栗本柚希

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2018年11月29日(木)、東京・大阪で人気を博した紅茶専門店「Lipton Tea Stand」が「名古屋ラシック」(名古屋市中区)にオープンする。前日の28日(水)に内覧会が行われたので、はやりのものに目がない学生ライターが一足先に体験してきた!

【写真を見る】「FRUITS in TEA(Doubleのみ)」(600円)には、ストロベリーがメインのフレーバーとラズベリーがメインのものの2種類がある

家庭で飲む紅茶といえば、リプトンの紅茶をイメージするという人も多いだろう。そんなリプトンの紅茶にフルーツをたっぷり入れた「FRUITS in TEA」をはじめ、さまざまなラインナップが楽しめる同店。そんな種類豊富なメニューを、ベースとなる紅茶の味や、シロップ、スパイスなどで自分好みにカスタムできるのも、話題となっている理由の1つだとか。東京・大阪では期間限定の店舗だったが、今回名古屋にできるのは常設店なので、いつでも気軽に立ち寄れる!

名古屋ラシックの地下1階にオープンする「Lipton Tea Stand」

オリジナルタンブラーが壁一面に並んだ店内

全ての画像を見る(8件)

リプトンのパッケージカラーの黄色を基調とした店内は、壁一面にオリジナルタンブラーが並ぶ。そんなポップでかわいい店内で味わえるのはどんな紅茶なのか、期待が高まる!

フルーツの飾りがかわいい!インスタ映えしそうなフォトスポットも発見!!

今回ライターが目をつけたのは、「FRUITS in TEA」の「Rock me, Rasberry!(ICE)」(600円)。レモン・ラズベリー・マンゴー・ミント・ハイビスカスシロップが入った、トロピカルテイストな一杯だ。アイスティーの場合は、ベースとなる紅茶を4種類から選べるので、スタッフのイチオシ「パイナップル&ハイビスカス」をチョイスすることに。

リプトンのすっきりした味わいの紅茶に、フルーツの甘味と酸味がマッチしてなんとも絶品。フルーツをつぶしながら飲むと、さらに果実感が増しておいしくなる!

種類豊富なシロップやスパイスで自分好みにアレンジできるのもうれしい。どちらも少しずつ足していって、ちょうど良いバランスを見つけるのがおいしく味わうコツだ。ちなみに「Rock me, Rasberry!(ICE)」には、塩を少し加えるのがおすすめ!味にアクセントがつき、最後まで飽きずに味わいつくせる。

種類豊富なシロップとスパイスを使って、自分好みの味を見つけよう!

「タピオカロイヤルミルクティー(Doubleのみ)」(620円)や「STRAIGHT TEA(Single)」(320円)などは、東京・大阪では味わえなかったメニューなので、こちらも見逃せない。ファン必見の「My Lipton Tumbler(ICE)」(1000円)の販売もある(HOTは12月末から販売予定)。タンブラーを持参すると、すべてのドリンクが50円引きになるのがうれしい。

「タピオカロイヤルミルクティー(Doubleのみ)」(620円)

この店最大の魅力は、あのリプトンの紅茶をもっとおいしくアレンジできるところ。お気に入りの紅茶を見つけるため、何度も通いたくなること間違いなしだ!

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る