“いりこ”使用の風味豊かなラーメン店が大阪難波にオープン!「伊吹商店」

2018年12月5日 11:05更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

11月11日、大阪難波にオープンした伊吹商店。香川県伊吹島の名産品“伊吹いりこ”をスープやカエシに使ったラーメンとつけ麺が看板の店だ。一日中注文できるセットも充実しているほか、トッピングに使える伊吹いりこや淡路タマネギのセルフコーナーも用意。<※情報は関西ウォーカー(2018年12月4日発売号)より>

風味豊かなスープと自家製麺がマッチ!

食べてほしいNo.1の伊吹醤油そば(800円)/伊吹商店

全ての画像を見る(4件)

伊吹いりこの風味が広がる清湯スープに、香川県小豆島産の丸島醤油と伊吹いりこを使ったカエシを合わせ、さらに豊かな香りと味わいに。食べ進めると丼の底に入った柚子皮で味変も。

【写真をみる】コチラもオススメ!伊吹醤油つけ麺 半焼き飯セット(1100円)/伊吹商店

麺によく絡む、イリコの風味豊かなつけ汁には角切りチャーシュー入り。醤油が香ばしい焼き飯はボリュームたっぷり。

「新鮮なカタクチイワシのみで作られた高級品、伊吹いりこをふんだんに使った贅沢なスープを味わってください。小豆島の塩を使ったラーメンとつけ麺もぜひ」(スタッフ・田村正則さん)

広い店内にはテーブル席のほかカウンター席/伊吹商店

一人客も多い。

南海なんば駅からすぐ、大きな看板が目印/伊吹商店

「伊吹いりこを使ったスープは、イリコの風味をしっかり感じるけれど苦味やクセがなく飲み干せそう。風味豊かな国産小麦『春よ恋』を使った中太ストレートの自家製麺は、コシがありながらツルッと食べやすくスープの絡みもバッチリ。豚バラ、肩ロース2種のチャーシューや大きく切られたネギなど、トッピングにも工夫が感じられます。子連れやグループでの利用がしやすい広い店内もうれしい」(ライター・高田)

■新店DATA/個室:なし 飲み放題:なし クレジット:不可 コース:なし 予算:1000円

■伊吹商店<住所:大阪市浪速区難波中2-3-1 1F 電話:06-6648-8553 時間:11:00~23:00(LO) 休み:なし 座席:38席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:南海なんば駅より徒歩2分>

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る