差がつくギフトはコレ!!女子会で喜ばれる愛知の“手みやげスイーツ”5選

2018年12月23日 8:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

12月に入り、クリスマスパーティや忘年会など女子会のスケジュールがどんどん埋まっていく時期に突入…!今回はそんな女子会に持っていくと、一目置かれるセンスのいい手みやげスイーツを5つ紹介する。

チョコレートの名手が老舗の抹茶に魔法をかけた和スイーツ

●「西条園抹茶カフェ」(名古屋市中村区)

 「西条園抹茶カフェ」の「抹茶フォンダンショコラ」(864円)

「西条園抹茶カフェ」の「抹茶フォンダンショコラ」(864円)

愛知県西尾市の老舗と世界を舞台に活躍するパティスリーによって生まれたコラボスイーツ「抹茶フォンダンショコラ」(864円)。濃厚なフォンダンショコラは、1888(明治22)年創業の抹茶メーカー「あいや」が選んだ抹茶と、チョコレートに定評のある「シェ・シバタ」の上質なホワイトチョコレートを組み合わせた一品だ。とろりとした口溶けの中に、ほんのり苦い抹茶のあと味を感じられて絶品。メイカーズピア店や「あいや」でも買うことができる。

【店舖データ】住所:愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート1F/電話:070-3122-1640/時間:11:00~20:00※年末年始は異なる/休み:不定休、2018年12月31日(月)~2019年1月2日(水)

ちょっとした驚きと遊び心がいっぱいのキュートなルックス

●「ラトリエ・ドゥ名古屋ふらんす」(名古屋市中区)

「ラトリエ・ドゥ名古屋ふらんす」の「プティエスカルゴ(いちご、ショコラ、バニラ)」(1個378円)

「ラトリエ・ドゥ名古屋ふらんす」の「プティエスカルゴ(いちご、ショコラ、バニラ)」(1個378円)

すべての画像を見る(5件)

名古屋みやげとしてすっかりおなじみになった「名古屋ふらんす」のスイーツ。2018年10月、「スイーツのアトリエ」をコンセプトに名古屋三越 栄店にオープンした「ラトリエ・ドゥ名古屋ふらんす」では、あっと驚く個性的なスイーツが買える。なかでもひと際目を引く仕上がりになっているのが「プティエスカルゴ(いちご、ショコラ、バニラ)」(1個378円)。フォルムはその名のとおり、カタツムリのよう。「プルプル食感のムースをはさんだダックワーズを縦にする」という思いつきから生まれた話題のオリジナルケーキだ。

【店舖データ】住所:愛知県名古屋市中区栄3-5-1 名古屋三越 栄店B1/電話:052-252-1111(代)/時間:10:00~19:30、12月21日(金)~12月23日(祝)は10:00~20:00、2018年12月31日(月)は、10:00~18:00、2019年1月2日(水)は9:30~19:30/休み:不定休、2019年1月1日(祝)

食べごろフルーツのおいしいところだけをカップに

●「檸檬屋」(れもんや/名古屋市中区)

【写真を見る】フルーツパーラーがおいしいものだけを厳選!「檸檬屋」の「フルーツデザート」(各種1個756円~)

【写真を見る】フルーツパーラーがおいしいものだけを厳選!「檸檬屋」の「フルーツデザート」(各種1個756円~)

丸栄の閉店に伴い、2018年7月に路面店として移転オープンした同店。1969年から続くフルーツパーラーとしての歴史を引き継ぎ、果物をベストの状態で味わってもらうことを大切にしている。そのモットーは持ち帰り商品でも同じ。「フルーツデザート」(各種1個756円~)は、余分な手を加えないため日持ちはしないが、プロが見極めた食べごろの味をカップに詰め込んでいる。「カップが大きいので、どれもボリュームがあります」と話すのはオーナーの片岡哲也さん。市場で商品を厳選し、皮を丁寧に取り除いてカットしていく。

【店舖データ】住所:愛知県名古屋市中区大須3-5-1/電話:052-261-6222/時間:10:30~19:00(LO18:00)/休み:なし※年末年始は要問い合わせ

見とれるほどに美しい断面!四季折々、珠玉のフルーツサンド

●「CHARLIE'S」(名古屋市中村区)

「CHARLIE'S」で販売されている「Maison Le Pin Mura」の「フルーツサンド」(1個360円~)

「CHARLIE'S」で販売されている「Maison Le Pin Mura」の「フルーツサンド」(1個360円~)

世界中から食の銘品を集めた「CHARLIE'S」で、2018年8月から「Maison Le Pin Mura」の松村憲一シェフによるフルーツサンドの販売がスタート!フランスの2つ星レストランで腕を磨き、パティシエの経験もある松村シェフ。「フルーツサンド」(1個360円~)では旬のフルーツを主役に日本の四季を表現している。なかでも果実のカットは断面のデザインの美しさを追求。パンにはほんのり塩味を効かせ、フルーツによってクリームの糖度も調整するというほどのこだわりようだ。

【店舗データ】住所:愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルShops&RestaurantsB1/電話:052-565-1112/時間:8:00~22:00(LO21:30)※年末年始は変更の場合あり/休み:2019年1月1日(祝)

焦らず、丁寧に、じっくりと。時間をかけておいしさをはぐくんだ絶品タルト

●「熟タルトの店 atelier brico」(名古屋市中区)

「熟タルトの店 atelier brico」の「熟タルト ギフトbox 6個入り」(3600円~)

「熟タルトの店 atelier brico」の「熟タルト ギフトbox 6個入り」(3600円~)

時間や手間をかけて素材の旨味と香りを引き出したコンポートを中に忍ばせ、生地と一緒に焼き込んでいく手法から、熟タルトと名付けた新スイーツの専門店。「熟タルト ギフトbox 6個入り」(3600円~)は、そんな手間暇かけて作られた見た目も美しいタルトがずらり。タルト生地もコンポートごとにすべて違い、味に深みが出るようにしっかりと寝かせている。ラインナップはブルーベリー、赤い林檎、無花果とチョコなど約10種類。1個550円からそろうタルトは、その時々の旬のフルーツを使うため季節によってメニューが替わる。

【店舖データ】住所:愛知県名古屋市中区橘2-1-24-2/電話:なし/時間:11:00~16:00/休み:木曜、不定休※年末年始は要問い合わせ

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る