この冬、大阪城が和のイルミで圧巻の幻想空間に!「大阪城イルミナージュ」内覧会レポート

2018年12月1日 10:56更新

関西ウォーカー 新城重登

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪城公園・西の丸庭園で11月30日(金)、イルミネーションイベント「大阪城イルミナージュ」の内覧会が行われた。

大阪城天守閣を背景に繰り広げられるイルミネーション

全ての画像を見る(6件)

前回多くの人が訪れた「大阪城イルミナージュ」が今年も開催。今回のテーマは「幕末・維新・文明開化」で、大阪城天守閣が見渡せる西の丸庭園で150年前の激動の時代を約300万球のイルミネーションで表現する。全幅30メートルに及ぶ圧巻の光の歴史絵巻も登場。

大阪城に飾られた、折り鶴や扇子など和のモチーフのイルミで幻想的な光景が広がる

会場ではほか、特設フードコートでフード&ドリンクを用意する。光の街頭時代劇や猿回しも展開する予定。

殺陣が大迫力の「光の街頭時代劇」

※関西ウォーカーWEB(https://kansai.walkerplus.com/)では動画レポートも掲載しています。

大阪城と大阪城がモチーフのイルミネーション

■大阪城イルミナージュ幕末◆維新◆文明開化 <開催期間>2018年12月1日(土)~2019年3月3日(日)計95日間※期間中無休 <営業時間>17:00~22:00(雨天開催、荒天中止)※ライトアップ時間は17:30~21:30 <開催場所>大阪城西の丸庭園内特設会場(大阪市中央区大阪城2大阪城公園内) <入場料金>大人1,200円(中学生以上)/小人600円(小学生以下)※3歳未満無料

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る