山形の新店部門1位に輝いた煮干しラーメン専門店「中華そば 雲ノ糸」

2019年1月5日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ラーメンWalker編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ラーメンWalkerグランプリ」山形の新店部門で1位に輝いたのは、鶴岡市にある煮干しラーメン専門店「中華そば 雲ノ糸」だった。

庄内豚の上品な背脂が浮かぶ濃厚煮干しスープを味わう

鶴岡昭和通りの一角にたたずむ。18:00からの営業。

鶴岡昭和通りの一角にたたずむ。18:00からの営業。

すべての画像を見る(6件)

G系ラーメンの有名店「ラーメン風林火山」が手がけた新たな店。メニューは煮干し中華が基本となるが、あっさりとこってり、細麺と太麺を好みに合わせて選べる。なかでも、太麺・こってりの組み合わせが人気だ。

【写真を見る】太麺・こってりの組み合わせは一番人気。煮干し中華・中750円

【写真を見る】太麺・こってりの組み合わせは一番人気。煮干し中華・中750円

煮干し中華・中(太麺・こってり 750円)はやや濃い目の醤油ダレと大量の煮干しを投入したスープに、庄内豚の香ばしい背脂がのる。ワシワシとした低加水の太麺はスープとも相性抜群。庄内豚のチャーシューがよいアクセントに。「煮干しと上質な庄内産豚背脂の合体スープから、芳醇さと力強さを感じる。存在感のある太麺もワイルド。それでいて飽きずにまた食べたくなる!」と百麺人・はんつ遠藤も太鼓判を押す。

自分好みの組み合わせを見つけよう。煮干し中華・中(細麺・あっさり)750円

自分好みの組み合わせを見つけよう。煮干し中華・中(細麺・あっさり)750円

同じ煮干し中華でも、麺が細麺に替わり、背脂が入らないだけで味がガラッと変わる煮干し中華・中(細麺・あっさり 750円)もぜひ食べたいメニュー。あっさりは煮干しの風味をダイレクトに味わえることもあり、煮干し好きにおすすめの一杯だ。

煮干しはウルメイワシやカタクチイワシなど季節によって産地を変えるこだわりぶり

煮干しはウルメイワシやカタクチイワシなど季節によって産地を変えるこだわりぶり

風林火山で不定期に提供していたころから話題だった煮干し中華を食べられるとあって、あっという間に人気店に。「一人でも多くの人に煮干しのおいしさを知ってもらいたいです」と店長の本間さんは語る。煮干しラーメン専門店が少ない山形にあって貴重な同店。ぜひ足を運んでみては。

店内はカウンターのみ。あっさり、こってりは口頭で伝える

店内はカウンターのみ。あっさり、こってりは口頭で伝える

煮干しの魅力を広めたいと語る店長の本間憲一さん

煮干しの魅力を広めたいと語る店長の本間憲一さん

■中華そば 雲ノ糸 住所:鶴岡市本町1-8-16 三恵ビル1F 電話:0235-28-2550 時間:18:00~翌2:00(LO) 休み:月※臨時休業あり  席数:8席(カウンターのみ) タバコ:禁煙 駐車場:なし

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る