田園を飾るイルミネーション!大分県豊後高田市で「田染荘 千年のきらめき」開催中

2018年12月8日 17:30更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

昨年好評を博した大分県豊後高田市のイルミネーション「田染荘 千年のきらめき」が、今年も2019年2月15日(金)まで開催している。

いにしえの時を今に伝える田染小崎地区の水田

いにしえの時を今に伝える田染小崎地区の水田

すべての画像を見る(2件)

田染荘(たしのぶしょう)は、743年の墾田永年私財法の成立によって、この土地の地形を利用して様々な曲線を描いた独自の水田として作られた、昔ながらの田園風景が輝きを失うことなく残されている特別な地域だ。

【写真を見る】美しい曲線を描く「田染荘 千年のきらめき」

【写真を見る】美しい曲線を描く「田染荘 千年のきらめき」

いにしえの時を今に伝える田染小崎地区の水田を舞台に、1万個のLEDライトが美しい曲線を描く世界農業遺産の郷で行われるイルミネーションイベント「田染荘 千年のきらめき」に出かけて、都会では見られない神秘的な世界を体感しよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る