王道のザ・中華そばを堪能!1966年開業、老舗の米沢ラーメン「さつき食堂」

2019年1月12日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ラーメンWalker編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ご当地ラーメンとして、全国に名をはせる米沢ラーメン。米沢市内には米沢ラーメンを提供している飲食店が100軒以上あり、しのぎを削っている。今回はイチオシの1軒を紹介する。

昔ながらの素朴な味わいにほっこりと心が温まる

1966年の開業時に店名を公募し、「さつき」が選ばれた

1966年の開業時に店名を公募し、「さつき」が選ばれた

すべての画像を見る(6件)

米沢市中心部から少し離れた山あいにたたずむ。中細の縮れ麺はシコシコしていて歯切れがよく、節系の味が際立つスープと相性抜群。具は海苔、ナルト、チャーシューなどとシンプルで、麺とスープの味わいを楽しめる。

【写真を見る】具もスープも素材を厳選!中華そば600円

【写真を見る】具もスープも素材を厳選!中華そば600円

中華そば(600円)はスタンダードな米沢ラーメン。スープが縮れ麺によく絡み、麺をすするとスープの旨味が口中にじんわりとあふれる。あっさりながら節系の風味を存分に味わえる一杯。

京都から取り寄せる、香り高いカツオ節。スープにコクと風味をプラス

京都から取り寄せる、香り高いカツオ節。スープにコクと風味をプラス

スープはカツオ節をはじめ、鶏ガラなど厳選した12種の素材で作っている

スープはカツオ節をはじめ、鶏ガラなど厳選した12種の素材で作っている

素材にこだわり、自家菜園も。店主・斉藤みなさん

素材にこだわり、自家菜園も。店主・斉藤みなさん

「シンプルだからこそ素材にこだわります。ネギラーメン(750円)には自家菜園で栽培するネギを使っています。」と店主・斉藤みなさん。

【米沢ラーメンとは?】

鶏ガラと煮干しがベースの醤油スープは、飽きのこないあっさりとした味わい。麺は細~中細の多加水縮れ麺で、スープのなじみがよい。メニュー名は中華そばが一般的だ。

姉妹で営んでおり、アットホームな雰囲気で居心地がいい

姉妹で営んでおり、アットホームな雰囲気で居心地がいい

■さつき食堂 住所:米沢市関根13562-7 電話:0238-35-2753 時間:11:00~14:00(LO) 休み:月(祝の場合翌日) 席数:30席(テーブル10、座敷20) タバコ:喫煙可 駐車場:30台(無料)

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る