旭川なら何でもそろう!? 新鮮魚介にイベント、大自然も楽しむ欲張り旅

2018年12月17日 18:35更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

友達同士で旅行に行こうと盛り上がり、目的地を決める作戦会議で出て来たのが“雪”“アウトドア”というキーワード。スキーもスノボも全然やったことない人ばかりだけど、「雪景色を楽しむアクティビティならやってみたいね」とみんな興味津々!

「北海道の旭川ってどう? スノーシューができるし、食べ物もおいしいみたい。2月ならイベントもあるよ」。言い出しっぺの友達が下調べしてきたらしく、そそられる情報を矢継ぎ早に繰り出してくるので、みんなすっかりその気に。動物園だけじゃない、旭川の魅力をしっかり満喫して来るぞ〜!

60年続く冬まつりは、世界最大級の大雪像がすごい!

東京から飛行機でまっすぐやって来ました、北海道のほぼ中央の街、旭川〜! 私が思っていたより便数があるので、目一杯遊びたい人も、滞在時間が限られている人も、案外予定を組みやすいかもしれませんね。

メイン会場の旭橋河畔会場には、世界最大級の大雪像が! 夜に行われる音と光のショーも見応え十分

全ての画像を見る(5件)

ホテルに荷物を預けたら、早速、北北海道最大の規模を誇るという「旭川冬まつり」の会場に繰り出します。2019年で60回目を迎える歴史あるイベントなんだって。このイベントのすごい所は、大雪像の大きさが世界最大級ということ。実際に見ると本当に大き〜い!この雪像を舞台に、夜は音と光のショーと打ち上げ花火が行われ、迫力も見応えも十分でした♪

内陸なのに海の幸がおいしい!? 絶品カニ鍋を食べて納得

すっかりおなかが空いたところで、地元で評判の「居酒屋 天金」で夕食をとることに。旭川は内陸の街なのに、なぜか海の幸がおいしいというウワサ。「天金」のメニュー表にも、おいしそうな魚介のメニューがたくさん並んでいます。

その訳は、旭川が北海道各地を結ぶ交通網の要所だから、なのだそう。魚介に限らず良い素材が豊富にそろう土地なんですね。

観光客にも地元客にも人気の「居酒屋 天金」には、北海道らしい一品が豊富

早速お店の人おすすめの、「ダブルカニ鍋」をいただきます。名前の通り、毛ガニとタラバガニが盛り込まれ、ダシも出てとっても贅沢な味わい♪芯からあったまる〜。ほかにもホタテバター焼やイクラ醤油漬けなど、北海道らしい一品がいろいろ。おなか空かせて来て良かった〜!

旭川中心部からわずか30分で原生林が広がる絶景スポットへ

翌朝はみんなが楽しみにしていたスノーシューハイク。「原生林に行く1dayスノーシューハイク」というツアーに参加し、ガイドと一緒に高台にある手つかずの原生林を歩きます。スキーウエアのような防寒着と防寒具、防寒靴さえあれば、あとは手ぶらでOK。旭川駅前からシャトルバスでわずか30分程度で、あっという間に冒険の舞台に到着です!

地元住民にもほとんど知られていない原生林で、極上のパウダースノーを満喫

「これがパウダースノーなんだ〜!」

ふっかふかの雪の上を歩く感覚は、なんともいえない不思議な気持ち良さ。雲ひとつない快晴に恵まれた私たちは、旭川の市街地や日本海までの絶景も見ることができました。ただ歩くだけと思ったら、結構な運動量。気持ち良く汗をかき、雪上で温かな手作りポトフの雪上ランチもいただき、心からリフレッシュしました。

大雪山国立公園の旭岳を歩くスノーシューツアーも!

「雪の上を歩くのがこんなに気持ちいいなんて!」というのを、初めて体験した私たち。今回の旅では日にちが合わず行けなかったけど、旭川の隣町では、北海道最高峰の旭岳で噴気孔を間近に観察できる東川エコツアー「旭岳・噴気孔へ行こう!」というのも開催されるそう。

大雪山国立公園・旭岳で特別な体験ができる、期間限定の少人数制ツアー

スノーシューで旭岳の噴気孔の間近まで歩いて行くなんて、想像しただけでちょっとドキドキしちゃう。目の前でモクモクと噴煙が上がる場所は、ある意味本当のパワースポットだもんね。面白そう!

旭川は街ナカと大自然の関係が近く、食べて遊んで癒される、という旅のポイントがコンパクトに楽しめる街でした。1泊くらいで気軽にリフレッシュしたい、なんて時に、全力でおすすめします!

今回紹介したのはこちら

================

■ 旭川冬まつり

会場:石狩川旭橋河畔・平和通買物公園

期間:2019年2年6日(水)~11日(祝) ※氷彫刻世界大会作品展示は2月8日(金)~11日(祝)

時間:9:00~21:00(最終日~20:00)

料金:入場無料

================

■ 居酒屋 天金

住所:旭川市4条通り7丁目

営業:15:00~23:00(LO22:30)

休み:不定休

================

■ 原生林に行く1dayスノーシューハイク(アサヒカワモトクラシー)

集合場所:旭川市宮下通10-3-2 マルウンホール内

期間:1~3月

時間:マルウンホール集合は7:45〜、カムイスキーリンクス集合は9:00〜

料金:旭川発着往復シャトルバス利用の場合1万5000円、現地集合・解散の場合1万3000円※3日前の18時までに要予約

================

■ 東川エコツアー 旭岳・噴気孔へ行こう!

開催:12月22日(土)、2019年3月16日(土)、3月24日(日)、3月30日(土)

時間:8:45~12:00

集合場所:旭岳ロープウェイ前

料金:1人5000円 ※参加費変更の場合あり。旭岳ロープウェイ往復1800円別途必要。スノーシュー有料レンタル(500円)あり

※実施日の2日前17時までに要予約。定員になり次第締め切り

================

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る