いざ白銀の世界へ!群馬県で「スノーシュー」を半日体験

2018年12月26日 11:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

群馬県利根郡みなかみ町にある「冒険小屋」で、2019年1月13日(日)からスノーシュー半日コースがスタートする。

【写真を見る】日本では珍しいスノーシューを体験できる

群馬県でも雪が多いことで知られるみなかみ町は、ウィンタースポーツの聖地として人気のスポット。そのみなかみ町にある冒険小屋では、珍しいスノーシューの体験コースを用意している。

群馬県利根郡みなかみ町はウィンタースポーツの聖地として人気のスポット

すべての画像を見る(4件)

スノーシューとは、西洋かんじきとも呼ばれる雪の上を歩くための道具。特別な技術も必要ないので、体力や技術レベルを気にせずに誰でもすぐにスノーシューハイクを楽しむことができる。初心者は、まずは半日コースから雪上歩行を体験してみよう。

どんな景色が見られるかは、その日のコンディションしだい。併設したゲストハウスを利用することで楽しみが広がる。この時期にしか体験できない白銀の世界へ出かけてみよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る