毎年恒例の白鳥オブジェイルミネーション!鳥取県米子市「Yonagoファンタジア」

2018年12月23日 11:30更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鳥取県米子市の米子市文化ホール多目的広場で、2019年1月31日(木)まで「Yonagoファンタジア」が開催されている。

大きな白鳥のオブジェを目当てに多くの人が訪れる
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

今年度も一般社団法人・鳥取県電業協会西部支部が設置した1万7000球のLEDが煌めく。通勤、通学、買い物などでJR米子駅を利用する人も気軽に立ち寄りやすい場所。普段から目にしている景色だが、イルミネーションで雰囲気を大きく変える。

【写真を見る】ブルーを基調としたイルミネーションが多目的広場を彩る写真は主催者提供

担当者は「米子市文化ホール前の白鳥のオブジェや、街路樹を彩るイルミネーションなどがあります。皆さまのお越しをお待ちしています」と見どころを話す。

「Yonagoファンタジア」で賑わっている期間も様々なイベントが米子市文化ホールで開催されるので、併せてチェックしよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る