青森に脈々と続く“煮干しラーメン”の味「煮干結社 情熱ビリー」

2019年1月12日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ラーメンWalker編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

五感を全体を刺激する煮干し麺

2017年11月移転オープンした「煮干結社 情熱ビリー」

2017年11月移転オープンした「煮干結社 情熱ビリー」

すべての画像を見る(6件)

「麺や ゼットン」の姉妹店で、焼き干しを使った本格煮干しラーメンが味わえる。平子煮干しを中心に、焼き干しをスープだけなく、醤油ダレにも使用。重層的な深い味わいをもたらす。

【写真を見る】店の看板メニュー、爆ニボ780円

【写真を見る】店の看板メニュー、爆ニボ780円

店の顔でもある爆ニボ (780円)は、追いニボして風味と旨味を倍増させた一杯。平舘産焼き干しを使った存在感のある風味が自慢。煮干しの頭から取ったダシを追加し、味と香りを高める。上質な香りが漂いながらも、パンチのある味わいに、プリッとした食感の平打ち麺が好相性だ。

厳選焼き干し使用

厳選焼き干し使用

キリッとした醤油味の中華そば650円

キリッとした醤油味の中華そば650円

中華そば(650円)な煮干しをつぶしながら旨味を引き出す濁りスープが特徴。キリッとした醤油味が印象的。他にもスパイスカレー(750円)やニボシキング(880円)、塩煮干し(750円)なども提供している。高級食材や変わり種食材を使った限定麺も人気。

「大量の煮干しを惜しみなく使ってます!」と店主の 植田倫安さん

「大量の煮干しを惜しみなく使ってます!」と店主の 植田倫安さん

レトロアメリカンなポスターやインテリアが並ぶ店内。ラーメンを食べる時間も空間も、楽しく過ごしてほしいという店主のこだわりを表現した

レトロアメリカンなポスターやインテリアが並ぶ店内。ラーメンを食べる時間も空間も、楽しく過ごしてほしいという店主のこだわりを表現した

■煮干結社 情熱ビリー 住所:青森市石江岡部61‐4 電話:017-715-0896 時間:11:00~16:00、17:00~21:30(各LO) 休み:火 席数:26席(カウンター6、テーブル20) タバコ:禁煙 駐車場:10台(無料)

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る