関西ウォーカーおすすめ!岡山県瀬戸内市・牛窓の満喫コース1「瀬戸内海の絶景と風情ある町並みを楽しむ」

2019年2月12日 18:33更新

関西ウォーカー 【関西ウォーカー編集部/PR】

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

 “日本のエーゲ海”と呼ばれる岡山県瀬戸内市・牛窓には観光スポットがたくさん。瀬戸内の絶景を楽しめるポイントから話題のグルメ、風情たっぷりの町並み、立ち寄りたいすてきなお店を、ドライブで巡るのにぴったりなコースで案内する。

1.「牛窓オリーブ園」で、高台から美しい瀬戸内の島々を望む

約2,000本のオリーブを栽培する広大な「牛窓オリーブ園」。山頂広場から眺める、瀬戸内ならではの多島美は圧巻。青い空と海、そして緑が広がる景色を楽しむことができる。

約10万平方メートルもある園内には絶景ポイントがあちこちに。園の内外には、阿弥陀山(あみだやま)古墳群の古墳も点在

すべての画像を見る(15件)

オリーブの緑の葉がそよぐ四季折々の景色が満喫できる。ハートの形をしたオリーブの葉を見付けることができたらラッキーかも。

清風亭(赤屋根)は、瀬戸内の風景を見つめ続けた佐竹徳画伯のアトリエだった建物

園内には「幸福の鐘」があり、恋人の聖地として多くのカップルが訪れている。心を込めて3回鳴らすと、幸せなことが起こるかも。銀のフレームがかわいくて思わず写真を撮りたくなる。

見晴らしのよい丘の上に立つ「幸福の鐘」をゆっくりと心を込めて3回鳴らして

■牛窓オリーブ園/住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓412-1/時間:9:00〜17:00(6〜8月は〜18:30)/休み:なし/料金:入園無料

明るい日差しが入って気持ちのいい店内からは、季節折々の眺望がじっくり堪能できる

園内にあるオリーブショップの2Fにあるカフェ「山の上のロースタリ」は眺望が自慢。好みに合わせて豆や抽出方法が選べるコーヒーとスイーツは格別。瀬戸内の景色と共に特別な時間を過ごしてみては。テイクアウトもOK。

牛窓・石原牧場の牛乳を使った「Cafe latte」(600円)。「りんごとくるみのタルト」(430円)

■山の上のロースタリ/住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓412-1/時間:10:00〜17:00(LO16:45) ※6〜8月は〜18:00(LO17:45)/休み:なし

2.「牛窓ジェラート工房 コピオ」で、絞りたてミルクの絶品ジェラートを

自家牧場の牛乳で作ったジェラートを食べることができる店。地元酒蔵の白桃酒やマスカット酒を使った味や、オリーブ、チーズなど約11種の日替りフレーバーが味わえる。

「ダブルコーン」(450円)。写真はオリーブ、マンゴー。オリーブは実入りのオリジナル味

ドライブの途中など、ひと息つきたいときに立ち寄るのがおすすめ。牛窓の自然を感じながら食べると一層おいしく感じるはず。季節限定の味が並ぶこともあるので、食べ比べするのもいいかも。

スイカやメロン、ミカン、むらさきのおいもなど季節限定の味が並ぶこともある

■牛窓ジェラート工房 コピオ/住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓479-4/時間:12:00〜17:00※売切れ次第終了/休み:月曜・火曜※祝日の場合営業、翌水曜休み。1・2月は土日祝のみ営業

3.「Rossa Café&Restaurant」で波の音を聞きながらイタリアンランチを満喫

海のすぐそばに立つロケーションが人気のレストラン。牛窓周辺はもちろん、遠方から訪れるファンも多い有名店で、時には行列ができることも。どの席からも海を眺めながら食事が楽しめる。

どの席からも海を眺めることができる。海に面したテラス席も雰囲気がいい

石窯ピッツァや、自家製の生パスタが選べるランチは、牛窓産の野菜や魚介など旬の素材を使用。前菜盛り合わせとドリンクがセットになった豪華な内容で、おなかも心も大満足。+300円でドルチェを付けることができるのも嬉しい。

さっぱりと味わえる「磯香る牛窓産海苔と大葉のペペロンチーノ Bランチ」(1,500円)

■Rossa Café&Restaurant/住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓6451-12/時間:ランチ・カフェ 11:00〜17:00(LO16:00)、ディナー 18:00〜20:00(LO)※ディナーは前日までに要予約/休み:月曜※祝日の場合は翌日

4.「しおまち唐琴通り」で、レトロ&クラフト散策

ノスタルジックな雰囲気が漂うしおまち唐琴通りを散策してみよう。港町として栄えた江戸時代から昭和30年頃のおもかげが残る町には、伝統的建造物など見どころがたくさん。ロケ地になった映画「カンゾー先生」の記念碑や1915年に牛窓銀行本店として建築された「街角ミュゼ牛窓文化館」のほか、すてきなショップも!

昔ながらの焼き板壁や土蔵が残っている「しおまち唐琴通り」。風待ち潮待ちの港町だったことが通りの名前の由来になっている

■しおまち唐琴通り/住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓

<しおまち唐琴通りのすてきなお店「sajiya studio」>

木匙作家・さかいあつしの工房&ショップ。大きさや用途が異なる木製の匙は、長く愛用するファンも多く、年齢問わず幅広く支持されている。

サクラやクリ材を使うことが多い木のスプーン。1本(4,320円〜)、「ACORNトレーS」(9,180円)

■sajiya studio/住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3012/時間:11:00〜17:00/休み:不定休

<しおまち唐琴通りのすてきなお店「かまぼこ屋 中光商店 牛窓本店」>

創業から約70年。昔ながらの製法を守り続ける老舗カマボコ店。地元の新鮮な野菜や魚介を使用した創作練り製品は、素材の風味と旨味が抜群。

店内には毎朝作りたてのカマボコが並ぶ。季節商品も登場する

■かまぼこ屋 中光商店 牛窓本店/住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3178/時間:9:00頃〜17:00 ※売切れ次第終了/休み:水曜※連休は営業の場合あり

<しおまち唐琴通りのすてきなお店「ロルマカッティ」>

複合ショップの2Fにあるショップ。国内外の作家たちが作り上げたジュエリーやレザークラフト、雑貨がずらりと並ぶ。

レアな天然石や鉱物を使ったアクセサリーは1点物も多い。店主夫婦の作品が並ぶことも

■ロルマカッティ/住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3069-1 牛窓クラフトコンプレックス2F/時間:10:00〜17:00/休み:火曜・水曜※祝日の場合は営業、臨時休業あり

<しおまち唐琴通りのすてきなお店「御茶屋跡」>

明治初期に建てられた邸宅を利用したセレクトショップ。家具や食器のほか、ウェアなど暮らしにまつわるアイテムを扱う。2F奥では海を見ながらくつろげる。

モダンな日本建築に現代の上質なアイテムがマッチ

■御茶屋跡/住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓2833/時間:10:00〜18:00(カフェLO17:30)/休み:水曜・木曜※祝日の場合は営業、1・2月、臨時休業あり

<しおまち唐琴通りのすてきなお店「牛窓カフェ」>

歯科医院の建物を改装した複合ショップ内のカフェ。牛窓のレモンとハチミツで作るドリンクは優しい味。数量限定で軽食も楽しめる。

「自家製牛窓はちみつレモンスカッシュ」(450円)。テイクアウトもOK

■牛窓カフェ

住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3069-1 牛窓クラフトコンプレックス1F/時間:11:00〜17:00/休み:月曜〜水曜

<瀬戸内市へのアクセス>

●大阪市内から車で→阪神高速池田線中之島ICから池田ICを経由し、中国自動車道中国池田ICから岡山方面へ。山陽自動車道神戸JCTを経由し、備前ICを経て分岐点を左へ進み県道260号へ。右側のランプから岡山・倉敷方面に進み、岡山ブルーライン(県道397号)へ入り、邑久ICから一般道へ。約161km・約120分

●大阪市内から電車で→JR大阪駅から京都線で4分、新大阪駅で新幹線に乗り換えて46分、JR岡山駅で赤穂線に乗り換えて25分、邑久駅下車。約98分、5,830円

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る