2019年初詣に行こう!森の中に意外なパワースポット「天開稲荷神社」

2019年1月2日 16:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部 

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

毎年多くの参拝客が訪れる福岡・太宰府天満宮。その境内の一番奥にひっそりとたたずむのが「天開稲荷神社」だ。

喧騒から離れた知る人ぞ知るお稲荷さん

喧騒から離れた森の中にある

全ての画像を見る(2件)

天開稲荷神社は、五穀豊穣と商売繁盛、開運をもたらす神を祀る。京都の伏見稲荷大社からの御分霊が祀られ、その歴史は鎌倉時代にさかのぼる。朱色の鳥居がずらりと並び、神聖な空気が漂う。

【写真を見る】ズラリと並ぶ鈴紐。手水舎横には自由に飲める「天開水」がある

鳥居をくぐった先の拝殿には13本の鈴紐があるので、まず自分の干支の鈴を鳴らした後、奥の一番大きな鈴を鳴らして参拝しよう。

[天開稲荷神社]福岡県太宰府市宰府4-7-1 太宰府天満宮内 / 092-922-8225 / 6:30~19:00

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る