熊本ラーメンを取り入れた注目の新店!「麺屋 きんせい」

2019年1月27日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ラーメンWalker編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

青森県内でも珍しいとろ~り熊本ラーメン

専用駐車場はないが、店の向かいにコインパーキングあり。

全ての画像を見る(5件)

豚骨ラーメンのなかでも熊本ラーメンをインスパイアして2018年7月オープン。豚骨は3日間かけてじっくりと煮出すことで臭みがなく、すっきりした味わいを実現し、クリーミーに仕立てる。ほかには、煮干しや焼き干し、厚削り節を使った魚介スープとちゃんぽんスープを合わせた数量限定の煮干ラーメンも店の顔の一つだ。

【写真を見る】麺は菅野製麺所の細麺ストレート。謹製 こくまろ 醤油750円

謹製 こくまろ(醤油 750円)はなめらかな口当たりで、優しい甘味を感じる一杯。中国の醤油で味付けした黒メンマが味のアクセントに。

煮干しラーメン700円も人気が高い

「クリーミーな豚骨をどうぞ」と店主の佐藤琢哉さん

煮干しなどの魚介と豚骨を掛け合わせた、煮干しラーメン(700円)も見逃せない。仕上げの煮干しオイルの香りが食欲をそそる。謹製 こくまろ(塩 750円)、謹製 しなそば (醤油 650円)、辛辛ラーメン(800円)なども提供している。

オフィスが多く、平日の昼時は混雑する

■麺屋 きんせい 住所:青森市中央1‐26‐11 電話:017-735-2626 時間:11:00~16:00、17:00~21:00、日祝11:00~16:00、17:00~19:00(LO各30分前) 休み:土 席数:14席(カウンター6、テーブル8) タバコ:禁煙 駐車場:なし

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る