香取慎吾、日本凱旋の初個展を“360度回転劇場”で開催!

2019年1月11日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) Raira

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

3月15日(金)から6月16日(日)までの全88日間(予定)、香取慎吾の国内初となるアート作品展「サントリー オールフリーpresents BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾NIPPON初個展」が開催。日本で唯一の客席回転劇場「IHIステージアラウンド東京」にて、体感・体験型のインスタレーション作品群を展示予定だ。

「Boum!Boum!Boum!」 香取慎吾アーティスト写真

「Boum!Boum!Boum!」 香取慎吾アーティスト写真

すべての画像を見る(4件)

「BOUM!」はフランス語で「ドキドキ」のような心臓の鼓動音を表現したもの。同展では、フランス・パリのルーヴル美術館地下「カルーセル・デュ・ルーヴル」にて、昨年9月に開催された「NAKAMA des ARTS」展において発表した、香取慎吾の100点を超えるペインティング作品の凱旋展示に加え、ある“常識やぶりなテーマ”(今後発表予定)にて新規制作する、体感・体験型のインスタレーション作品群を展示する予定だ(※展示・公演内容に関しては公式HP、SNSなどで随時発信)。

香取にとっても、体験・鑑賞した者にとっても、ドキドキするような内容で魅せる同展。香取は「いつか個展をしてみたいと思っていた。初個展がパリだとは想像を遥かに超えていた。早く日本での初個展をしたいと思っていた。まさか国内初個展が 360度回転劇場で開催されることになるとは。僕は僕の想像を遥かに超えていく。香取慎吾 NIPPON 初個展 今からドキドキが止まらない!BOUM! BOUM! BOUM!」とコメントを寄せている。

なお、同展の冠スポンサーとして特別協賛することを記念して、サントリービールは「香取慎吾オリジナルデザイングラスプレゼント」キャンペーンを、2月18日(月)から4月22日(月)までの期間、全国で実施(※当日消印有効/詳細はWEBページを要確認)。これは、対象商品に貼付されている応募シールを集めて応募すると、香取描き下ろしのアート作品がデザインされたオリジナルグラスが“必ずもらえる”キャンペーン。

香取描き下ろしのアート作品がデザインされたオリジナルグラス

香取描き下ろしのアート作品がデザインされたオリジナルグラス

ちなみに、グラスに描かれた作品は、香取がオールフリーのために描き下ろしたもので、作品タイトルは「HEART BEAT」。ハートをモチーフに描かれた躍動感のある作品を、青・赤・白の3色のデザインでグラスにプリントしている。香取は、グラスの原画となるこの作品のテーマについて「個展名の『BOUM! BOUM! BOUM!(ドキドキ)』と、オールフリーを飲んだときの『楽しい爽快さ』を両方表現するべく、ハートを核にして描きました」と解説している。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る