地産地消の食材で地域に根ざす!弘前の「麺屋マルダイ 堅田店」

2019年2月16日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ラーメンWalker編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

30年営業してきた店が屋号を「麺屋マルダイ」として再出発

北大通沿いにある店舗

すべての画像を見る(5件)

「くるまやラーメン」として30年営業してきた店が、堅田店と城東店として独立。屋号を「麺屋マルダイ」として2018年5月に再出発。麺など地元食材を使用し、より地域に根ざした店舗を目指す。野菜は、黄金崎農場の雪の下キャベツや雪の下にんじん、JA津軽みらいのときわにんにくなどを使用。水、土は餃子半額などお得だ。

【写真を見る】秘伝の味噌ダレが味わえる一杯。みそ680円

人気のみそ(680円)は約3年をかけて開発した秘伝の味噌ダレを使った1杯。キャベツなど野菜たっぷり!

写真は1辛。10辛までお好みで選べる。マルダイ辛みそ734円

「津軽を元気に!が合言葉です」と店主の大湯光司さん

マルダイ辛みそ(1辛 734円)自家製ラー油、韓国の唐辛子パウダーなど3種の辛味が自慢。10辛まで辛さが選べる。ほかにもしお(680円)、とんこつしょうゆ(680円)、みそカレー(680円)などの提供もある。

座敷スペースを多めに用意した店内。定食類も充実している

■麺屋マルダイ 堅田店 住所:弘前市宮川2-1-12 電話:0172-33-8558 時間:11:00~23:00(LO22:30) 休み:なし 席数:60席(カウンター7、テーブル16、座敷37) タバコ:禁煙 駐車場:30台(無料)

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る