本物の雪で雪遊び!香川県で「第22回国分寺町冬のまつり」開催

2019年1月13日 11:30更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

国分寺橘ノ丘総合運動公園(香川県高松市)で1月20日(日)、「第22回国分寺町冬のまつり」が開催される。

普段あまり触れることのない雪で目一杯遊ぶ子どもたち
写真は主催者提供

すべての画像を見る(3件)

“子どもたちに本物の雪で雪遊びを!”との思いで始まった、地域住民手作りのまつり。鳥取県江府町から運ばれる本物の雪を使った雪遊び&そり遊びや雪合戦大会を行うほか、子ども太鼓などの地域伝統文化を披露。

ステージイベントやスポーツ体験&体力測定、自衛隊装甲車の展示もあり、室内では凧作り・こま回し・ジャンボカルタ取りなどの昔遊びが体験、餅つきや各種バザーも楽しめる。

担当者は「雪の少ない香川で 本物の雪で子どもたちに遊んで欲しい!との思いで始まったこのまつり。奥大山に降る雪での そり遊びや雪の広場は毎年大人気。雪の中から宝探しは雪山が人の山になってしまうほど。そりは貸し出し用がありますが、マイそり持参も可。小学生チーム対抗の雪合戦大会(チームは事前に募集済)は優勝をねらって白熱の戦いをくり広げますので、ご来場の皆様も熱い声援を送ってください」と思いを話す。

大人気の餅つき体験は今年も開催写真は主催者提供

冬の1日を満喫できる「第22階国分寺町冬のまつり」。ぜひ家族揃って参加しよう。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る