青白く輝く氷の芸術を温泉街に再現!岐阜県高山市「福地温泉 青だる」

2019年1月13日 12:45更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

岐阜県高山市の福地温泉バス停付近で、3月下旬まで「福地温泉 青だる」が開催されている。

滲み出た水が凍ってできる「青だる」

滲み出た水が凍ってできる「青だる」
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

福地温泉山奥の福地壁に染み出た水が凍ってできる青い氷の柱「青だる」。実際には山奥でしか見られないこの自然の産物を、沢の水を木々に噴霧して温泉街に再現する。

日中は透き通るような青白さが美しい青だるが、夜間にはライトアップされ、より一層幻想的な雰囲気を演出する。

2月4日(月)~14日(木)の19時30分~21時には、青だるの裏側を散策できる「氷の散歩道ライトアップ」を実施するほか、2月9日(土)~11日(祝)は20時30分より、郷土芸能「へんべとり(獅子舞)」の実演など、特別イベントも開催される。

【写真を見る】ライトアップされた青だるはより幻想的な雰囲気に

【写真を見る】ライトアップされた青だるはより幻想的な雰囲気に写真は主催者提供

担当者は「特別イベント期間中は甘酒の振る舞いもあります。ぜひお越しください」と来場を呼びかける。

青だるがライトアップされ、一層幻想的な雰囲気に。温泉と合わせて青だるを見てみよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る