無数のスノーキャンドルが冬の温泉街を彩る・北海道の定山渓神社で「雪灯路2019」開催

2019年1月12日 7:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北海道札幌市南区の定山渓神社で、1月30日(水)から2月3日(日)まで「雪灯路2019」が開催される。

2000個のキャンドルが境内を厳かに彩る
写真は主催者提供

全ての画像を見る(2件)

雪深い渓谷、定山渓神社を舞台に、スノーキャンドルの温かな灯りで幻想的な空間を演出する芸術祭。この時期独特の透き通るほどの凛とした空気の中でしか得られない、きらめく光に包まれる体験は、きっと素敵な旅の想い出となるだろう。

今年1年の願いや夢や希望、大切な人への想いを託した「願いの灯り」は願いが叶うと言われている。ホットドリンクや、あたたかい軽食も用意されている。

【写真を見る】無数のキャンドルの灯りが人々を包み込む写真は主催者提供

担当者は「定山渓温泉の人気のお土産『たまねぎすうぷ』などのホットドリンクや、地元飲食店によるオリジナルスイーツなど、あたたかい軽食も用意しておりますのでぜひご堪能ください」とスノーキャンドル以外の魅力を教えてくれた。

温かなスノーキャンドルの炎に囲まれて、より一層幻想的な空間となる定山渓神社。カップルで訪れたいイベントだ。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る