京都の伝統的建築の中で見られる最後のチャンス!草間彌生作品の世界に浸ろう「フォーエバー現代美術館 祇園・京都」

2019年1月20日 12:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

一度見たら忘れられない強烈なインパクトを受ける草間作品。京都・祇園にある大正初期に建てられた重厚な建物「フォーエバー現代美術館 祇園・京都」での展示が見納めに。和の風情とポップなアート、相異なる2つの要素がお互いの存在を高め合い、融合する様に目を奪われる「草間彌生 永遠の南瓜展」の開催は2月28日(木)まで。初の人もリピーターも行くなら、今!<※情報は関西ウォーカー2号(2019年1月4日発売号)より>

草間作品123点が集結!独特の世界観に酔いしれて

ミラールームで南瓜が増殖する立体インスタレーション作品「宇宙にとどけ、 水玉かぼちゃ」/フォーエバー現代美術館祇園・京都

全ての画像を見る(8件)

体験型の展示で、自分も作品の一部になって増殖する不思議な気分に。

【写真を見る】美術館の入口には直径5m、高さ4.5mの巨大な立体作品「南瓜」が展示されている。記念撮影もOK/フォーエバー現代美術館祇園・京都

「A Pumpkin」。南瓜の間と称した第5展示室には、南瓜をモチーフにしたさまざまな作品を展示/フォーエバー現代美術館祇園・京都

展示室は畳敷きなので座って鑑賞することも。純和風空間ならではの鑑賞方法でゆっくりと過ごして/フォーエバー現代美術館祇園・京都

南瓜モチーフがかわいいグッズ&スイーツも!

南瓜模様の焼印がかわいいオリジナルカステラ、LOVE FOREVER+CASTE(1620円)は「MUSEUMCAFE NORTHSHORE」で販売/フォーエバー現代美術館祇園・京都

カボチャ入りの白あんを使った水玉模様の和菓子、座・パンプキン(380円)/フォーエバー現代美術館祇園・京都

キーリング南瓜黄(3493円)は一番人気のグッズ。南瓜 赤もある/フォーエバー現代美術館祇園・京都

オリジナルトートバッグ 南瓜1981(4320円)。草間彌生とルートートのコラボバッグ/フォーエバー現代美術館 祇園・京都

■フォーエバー現代美術館 祇園・京都<住所:京都市東山区祇園町南側570-2 電話:075-532-0270 予約:不要 観覧料:1500円 中高生(1000円) 時間:10:00~18:00(最終入園17:30) 休み:なし 駐車場:40台(30分あたり250円) アクセス:京阪祇園四条駅より徒歩8分>

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る