イケメンスパイの秘密に迫る!?初の連ドラに挑む10神ACTORに直撃インタビュー![後編]

2019年1月28日 21:45更新

九州ウォーカー 森川和典

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

九州を拠点に活躍するイケメンエンターテインメント集団・10神ACTOR。彼らの初となる連続ドラマ「10神スパイ大作戦 〜コード・バリカタ〜」(FBS福岡放送 毎週月曜深夜1:29〜・30分放送)が、1月14日(月・祝)からスタートした。福岡以外にも、全国の民放10局(テレビ神奈川・北海道テレビ・仙台放送・テレ玉・チバテレ・メ~テレ・KBS京都・サンテレビ・広島ホームテレビ・FBS福岡放送)で放送。共演やゲスト陣も豪華とあって、注目度抜群だ。ストーリーや基本的な見どころを語った前編に引き続き、ちょっとディープなインタビュー後編スタート!

初の連続ドラマに挑戦する10神ACTORから、(左から)MOTO、中島裕貴、岡進太郎、北田祥一郎の4人にドラマの見どころを聞いた
(C)KADOKAWA/Photo by 北嶋幸作

すべての画像を見る(7件)

細部に見どころもたくさん!

10神ACTORを代表して、岡進太郎、北田祥一郎、中島裕貴、MOTOへのインタビューを敢行。「manu coffee クジラ店」(福岡市中央区白金)のおいしいコーヒーを飲みながら、話はまだまだ続く。

ーー初めての連続ドラマに挑戦してみて、大変だったところはありますか?

MOTO「みんな個々にテレビの収録とか、舞台の稽古とかもあって、スケジュール的な部分は大変でしたね」

ーー10人いるからそこは確かに大変そう……。演技的な部分で苦労したところはありますか?

MOTO「最近では日本語にも慣れているので、そこに不自由は感じなかったですし、僕は母国のタイで連続ドラマに出た経験もあるので、あまり緊張感なくのぞめています」

中島「逆に僕は演技があまり得意ではないし苦手意識もあるので、最初は不安でしたね。今までやってきたのは、一話だけのドラマでしたので、自分にそんなスポットが当たらなかったんですけど、今回は連続ドラマだから、自分のキャラを守ったまま長期間演じないといけないというのが苦労しました。でもがんばって演技しているので、ぜひ見て欲しいです!」

ーーなるほど、ちなみにみなさんが1話目の放送を見たときの感想は?

岡「僕は家族と一緒に見たんですけど、役名も10神ACTORと変わらないし、個性もそのまま表現されているから、それが新しいし楽しかったって言ってもらえました

北田「今までの僕らのドラマだと、九州でしか放送がなかったのでまだ反応がわからないんですけど、全国の方がどんな反応をしてくれるのか、すごく楽しみです!」

1話ごとに各メンバーにスポットが当たる展開だから、毎回目が離せない!(C)KADOKAWA/Photo by 北嶋幸作

甘い物が好きな北田、MOTO、中島はそれぞれ、ウインナーコーヒー(HOT)、キャラメルラテ(HOT)、ラズベリーシェイクを、岡はシンプルなアメリカーノ(ICE)をチョイス(C)KADOKAWA/Photo by 北嶋幸作

ーー今回主題歌は、新曲「SPY-CY LOVE(スパイシーラブ)」ですね

北田「そうなんです!10神ACTORの中では今までになかったような曲だよね」

岡「エレクトロな感じであって、今っぽいし、かなり好きだな」

北田「ノリもいいしね。早くフルで披露したよね」

岡「この曲がいろんなアレンジでドラマ中に使われているんですよね。そういうのも注目して見るのもいいかもね」

北田「わかる!自分で見ていて、その音楽が流れたらニヤッとなるよね(笑)」

中島「ドラマの中の曲で言うと僕が一番気になったのが、スパイポイントが貯まった時にかかる音楽ですね」

北田「実はあれMOTOが歌っているんだよ、知ってた?」

岡「えっ、そうなの?初めて知った。ってかなんでお前だけ知ってるの(笑)?」

北田「一緒にその現場にいたからね。僕のバージョンもいつか流れると思います」

ーーそれは楽しみですね。次回予告は誰がしゃべっているのですか?

北田「1話目は(坂田)りゅうくんですけど、毎回スポットが当たる人が次回予告は担当していますね。一度よく聞いてほしいんですけど、ストーリーと関係ないことをいっていたりするんですよ」

岡「そうそう、マジで次回予告だけ聞き直してもいいくらい、おもしろいよね」

ーーなるほど!芸が細かい!他にはどんな小ネタが仕掛けられているんですか?

岡「1話目でマチコちゃんが『屋台 すぱい』のQRコードを読み込んで屋台をに行くシーンがあるんでけど、ちゃんとQRコードを読み込めて、しかもしっかりしたホームページにつながります(笑)」

北田「そういう小さいところまで凝っているよね」

中島「周りの大人のみなさんにがんばっていただいています!」

ーー10神ハウスにいるときジャージの色はどうやって決まったんですか?

中島「みんなが好きな色を選んだんじゃなかったっけ?」

北田「…覚えてないなあ(笑)」

中島「でも、なんとなくイメージカラーがあるから、馬越くんは赤とか、勇之介くんは緑とか」

MOTO「僕はなんで紫になったの?」

岡「それはわかんないけど、MOTOは何色がよかったの?」

MOTO「黒がよかったな〜(笑)」

岡「そうなんだ(笑)。そもそも10神ACTORはメンバーカラーがないから、今後はあれが自分たちの色になったりして」

ドラマの中では、タレントでありながらスパイとしての裏の顔を持つ役を演じている(C)KADOKAWA/Photo by 北嶋幸作

8月16日(金)に開催される福岡サンパレスでのワンマンワイブも楽しみ!(C)KADOKAWA/Photo by 北嶋幸作

8月16日(金)は初の福岡サンパレスでのライブ!

ーードラマも引き続き注目ですが、8月16日(金)には、10神ACTORにとって初となる福岡サンパレスでの公演も控えています。最後に公演に向けて、意気込みを聞かせてください。

中島「僕たちにとって、サンパレスがゴールではなく通過点ではあるんですけど、そこを完璧に成功させないと未来はないと思っています。ドラマもそうですけど、サンパレスのライブも含めて、今後の活動につなげていかないといけません。そういった意味でも今年に賭けているところもありますので、より気合いを入れてやっていきたいと思います!」

MOTO「ライブでは、ドラムを叩きたいしダンスも踊りたい、やりたいことがたくさんあります。だからこそ、みんなと話しあって、公演に向けてしっかりと準備をしていきたいですね。みなさん、サンパレスで待っています!」

北田「前回の九州ツアー(2018年10月21日(日)〜12月8日(土))では、鹿児島、大分、熊本、長崎の4県を回りました。その都度、プロデューサーという形でその県のライブを10人で割り振って、自分たちでセットリストとかを考えたりしていたんですね。その経験を生かして、サンパレスも絶対に成功させるという強い思いをメンバー全員がもっています。最高のステージにしていきますので、ぜひご期待ください!」

岡「メンバーそれぞれに多彩な個性や才能を持っている集団というのが、僕らのなによりの武器だと思っています。10神ACTORは今年で5年目になりますが、みんなが今まで挑戦したことや経験してきたことを、今年はサンパレスという大きなステージで表現していきたいです。裕貴が言ったように、そこがターニングポイントになると思うので、最高のエンターテインメントを発揮して、いかに最高の時間にしていくかというところはプレッシャーでもありますが、楽しみでもあります。今までの集大成として、メンバー全員一丸となってがんばっていきますので、みなさん、ぜひ楽しみにしていてください!」

【取材・構成=鶴田知子(九州ウォーカー編集部)、取材・文=森川和典、撮影=北嶋幸作】

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る