<ごほうびディナー>華麗な盛り付けと、”心まで満たす”美食に心震える「フランス料理 Cinq(サンク)」|名古屋・東区

2019年2月1日 17:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

食材を活かしたフレンチ料理が味わえる「フランス料理 Cinq(サンク)」(名古屋東区)。「五感で味わい、心まで満たす」というコンセプトのもと、日本人の舌に合うフランス料理を提供する。

【写真を見る】鳥取県産の若桜鹿のムニエル アルマニャックソース。肉質が柔らかな若い鹿は臭みがなく、子牛のような味わい

名古屋やパリでフランス料理を学び、帰国後はイタリアンの世界で素材を生かす技法を身に付けた伊藤旭彦さん。2017年に独立すると、「五感で味わい、心まで満たす」というコンセプトのレストランを、オーナーシェフとしてオープンさせた。

大分県産鰆の炭火焼ロースト 帆立のポワレとオマールエビのムース添え。天然のサワラを4〜5日冷蔵熟成させることで旨味を引き出し、しっとり焼き上げた。モロヘイヤソースで味わう

シェフの作る料理は素材重視。野菜は信頼する契約農家から直接仕入れ、魚は四国や九州の天然ものに限る。肉もジビエを含めて国産にこだわるなど、シェフが本当においしいと思うものだけを厳選する。ただし、素材を生かすためならフレンチという枠に縛られず、イタリアンや和食の技法も用いるという。

ペアリングコースは3杯3000円から。日本酒も楽しめる

こうして素材のよさを丁寧に引き出した料理は、どれも優しい味わいで季節感もたっぷり。野菜の花やエディブルフラワーを添えた皿は見た目にも美しく、心まで満たしてくれる。また、コース料理はすべてドリンクと一緒に味わうことを考えて構成されているので、ワインや日本酒とのペアリングも楽しみたい。

「フランス料理 cinq(サンク)」住所:愛知県名古屋市東区代官町17-15 / 電話:052-933-7807 / 時間:11:30〜15:30(LO13:30)、18:00〜23:00(LO20:30) / 休み:月曜 / 予算:昼6000円~、夜12000円~(サービス料別)※完全予約制

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る