店主は人気レビュアー!4種の煮干しを厳選した小樽のラーメン「らあめんとおばんざい 麺乃夢恋」

2019年2月8日 12:00更新

北海道ウォーカー ラーメンWalker編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

厳選した煮干しが織り成すコクと旨味の四重奏

銭函駅より車で5分。無料駐車場は20台分ある。

全ての画像を見る(5件)

趣味の食べ歩きが高じて有名食レポサイトに千本近い投稿をアップするなど、人気レビュアーとして活躍していた店主が開いた店。17時からはおばんざいも登場する。オープンは2018年5月だが、無化調で濁りのない味わいが早くも煮干し党から支持を集めている。

【写真を見る】煮干し中華ソバ(醤油)780円。低加水の中細麺が基本だが、3日熟成させたシコシコの中太縮れ麺も選択可能

煮干し中華ソバ(醤油)は780円。煮干しダシと鶏清湯を合わせた上品な一杯。風味付け、えぐ味、旨味、それぞれの役割を担う4種の煮干しが味わいに奥行きを出す。写真映えする盛付けも秀逸

コクと香りが良い長崎産のサバの煮干しをメインに、片口イワシなど4種の煮干しを使っています。残りの2種は企業秘密です

煮干しは香りが強いもの、旨味が強いものなど個性の異なる4種類を使用。30Lの寸胴に1・5kgを超える煮干しと昆布を投入、2日かけじっくり水出しし、1時間弱火で煮出す。それぞれの良さが絡み合って生み出す複雑で奥行きのあるスープは、化調の力を必要としない力強さにあふれている。煮干しダシと合わせるのは、鶏ガラと丸鶏から取った鶏清湯(チンタン)スープ。これが全体のコクを見事に底上げ。最後に3日寝かせた醤油ダレを加えれば完成だ。

「長崎産のサバなど4種の煮干しを使用」とこだわりを語ってくれた店主 荒木麻美さん。

麺は低加水の中細麺が基本だが、3日熟成させたシコシコの中太縮れ麺も選択可能。余市産のタマネギや低温調理した柔らかチャーシューなどの具材が彩る面構えも秀逸で、目と鼻と舌、すべてで楽しめる一杯だ。

ウッド調の落ち着いた雰囲気。テーブル席も用意している

■らあめんとおばんざい 麺乃夢恋(めんのむこう) 住所:小樽市春香町361-1 電話:0134-65-7059 時間:11:00~20:30(LO) 休み:火 席数:20席 タバコ:禁煙※店外に喫煙コーナーあり 駐車場:20台(無料)

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る