「まんぷく」安藤サクラさん&松坂慶子さんが大阪で豆まき! 成田山不動尊「節分祭」が大盛況

2019年2月3日 20:13更新

関西ウォーカー 新城重登

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

成田山不動尊(大阪府寝屋川市)で2月3日、恒例行事「成田山節分祭」が開かれた。今年は現在放映中のNHK連続テレビ小説「まんぷく」から、安藤サクラさん(ヒロイン・立花福子役)と松坂慶子さん(今井鈴役)が参加した。

第1回目の豆まきには約2万2000人の参拝客が訪れた節分祭

全ての画像を見る(4件)

全長150メートルの特設舞台に日本一の大きさという「千升大福枡」を設け、毎年盛大な豆まきを行う同祭。お不動様の前では鬼でも改心することから、「鬼は外」と言わずに「福は内、福は内」の掛け声で行う。豆は落花生2000キロを用意する。

安藤サクラさんと松坂慶子さんが豆まき

当日は安藤さんらが多くの参拝客に向けて豆をまいて盛り上がりを見せた。著名人が参加した第1回目の豆まきには約2万2000人の参拝客が訪れた。この日だけで4万2000人の来場を見込むという

宮川大助・花子など著名人が参加

安藤さんは「なかなか経験できないことをさせていただき、とてもありがたいです。成田山の豆まきは『福は内』としか言わないので、清々しい気持ちでした。お客さんからもたくさん声をかけてもらいましたが、豆まきの日に『“福”ちゃん!』と呼んでもらえて嬉しく思いました」、松坂さんは「大阪らしく、おごそかな中にも活気がありました。護摩を焚いて浄めていただいたので、『まんぷく』の撮影ラストスパートに向けてとてもいい送り出しをしていただきました。「お母さん!」とか『武士の娘!』と呼んでいただき、親しんでいただいていることを肌で感じられました」と、それぞれ話した。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る