J・J・グランヴィルの世界を堪能!兵庫県立美術館で企画展「M氏コレクションによる J・J・グランヴィル」開催中

2019年2月10日 8:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

兵庫県神戸市にある兵庫県立美術館で、県美プレミアムⅢ小企画展「M氏コレクションによる J・J・グランヴィル」が3月3日(日)まで開催されている。

『星々』(1849 年)より《流れ星》写真は主催者提供

同展は、国内有数のグランヴィルのコレクター、M氏の協力を得て開催。19世紀を代表する諷刺画家・挿絵画家のJ・J・グランヴィルの作品である、『ラ・カリカチュール』『ル・シャリヴァリ』といった紙誌に掲載された諷刺画や、『もうひとつの世界』などの挿絵本が登場する。

書籍約20冊と、そこから分割したシート作品約200点などを一堂に展示し、近代美術史の中でも類まれなイマジネーションの持ち主であったグランヴィルの足跡を辿る内容となっている。

写真は主催者提供

全ての画像を見る(3件)

また、2月23日(土)には学芸員による解説会も開催(参加無料、先着100名・観覧券不要)。 週末は兵庫県立美術館を訪れて、J・J・グランヴィルの世界観に触れてみよう。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る