大阪にアメリカンフードホール「BLAST!」 日本初のカスタムピッツァ「クチノバ」、関西初「クロニックタコス」など6店集結

2019年2月8日 15:23更新

関西ウォーカー 新城重登

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪・難波に2月9日(土)、アメリカンフードホール「FOOD HALL BLAST! OSAKA(フードホールブラスト!オーサカ)」がオープンする。同6日に報道関係者向けの内覧会が行われた。

注目店集結のアメリカンフードホール「BLAST!」

全ての画像を見る(7件)

6店の内、3店がアメリカから上陸の有名ブランドとなるフードホール。従来のフードコートの大人版といった施設でお酒が充実したり、高品質なグルメが楽しめたりするのが特徴だ。ニューヨーク発祥というフードホールはアメリカ全土に広がりを見せているという。「BLAST!」はスラング英語で「超楽しい!」の意味。店ごとに客席の仕切りがない解放的な空間で、グループで来店した場合でも、それぞれが好きな店から好きな料理やドリンクを持ち寄り感覚で楽しめる。

御堂筋に面した「FOOD HALL BLAST! OSAKA」

カリフォルニア発で銀座店に次ぐ国内2店舗目となるメキシカン「CHRONIC TACOS(クロニックタコス)」、オハイオ発祥のカスタムピッツア「CUCINOVA(クチノバ)」の日本1号店、関西で7店舗展開しているバージニア発のクラフトカフェチェーン「Greenberry's COFFEE Roastery CO. (グリーンベリーズコーヒー)」、BBQ肉バル「ブラスト バーベキュー」、常時30種以上のロゼワインやロゼスパークリングを提供する「バー リット」、樽生ワイン・樽生クラフトビール・樽生シードルのパブレストラン「ドラフト パブ ベビー」で構成する。

24種類以上の具材、4種類のソース、3種のチーズからセレクトできるカスタムピッツァ「クチノバ」

関西初進出のカリフォルニア発メキシカン「クロニックタコス」

運営するK&BROTHERS(東京都港区)の岩谷良平社長は「私やスタッフがアメリカで100店以上のレストランを回り、ニューヨークで見たスタンドバー、ポートランドで見たアーバンワイナリーやアーバンワイナリーなどから、インスピレーションを受けて我々なりにアレンジしてオープンにこぎつけた」と話した。同じ2月29日に東京・新宿に同様のアメリカンフードホール「FOOD HALL BLAST! TOKYO」がオープンするといい、「3年で主要都市10カ所にオープンしたい」と意気込む。

内覧会にK&BROTHERSの岩谷良平社長(左から2人目)らが出席

■FOOD HALL BLAST! OSAKA <住所>大阪市中央区難波2-1-2 太陽生命難波ビル1階・B1階 <営業時間> 11時~23時(LOフード22時 ドリンク22時30分) ※ 「グリーンベリーズコーヒー」は平日7時30~、休日8時~、「ドラフト パブ ベビー」「バー リット」は金曜・土曜のみ深夜営業 <坪数>1階100坪 地下75坪 <席数>170席

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る