贅沢なる和牛のひつまぶし! 肉にアツアツのダシをたっぷりと…「京都ステーキ 南大門 錦店」

2019年2月16日 15:00更新

関西ウォーカー 折笠隆

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「京都ステーキ 南大門 錦店」(京都市中京区錦小路通堺町東入中魚屋町484 錦晴梅ビル1F)は、1957(昭和32)年創業の焼肉店「南大門」が錦市場の路地奥に昨年10月オープンしたステーキ店。〈■情報は発売中の「京都Walker 2019春」掲載分より〉

京丹波産の黒毛和牛「平井牛」などのA5ランクを使い、ステーキや丼、肉寿司などを定食スタイルで手ごろにそろえる。昼から夜まで休憩なしなのも便利。

和牛ひつまぶし・肉寿司セット

すべての画像を見る(3件)

和牛のひつまぶしと肉寿司がセットに!

「和牛ひつまぶし・肉寿司セット」(1,750円)は、和牛にアツアツのダシをかけて食べる「ひつまぶし」スタイルで味わう。肉寿司は赤身肉の旨さを堪能できるランプとイチボで。サラダ、漬物、ダシと薬味付きでボリュームも満足できるセットだ。ほかにも、柔らかな肉質が楽しめる「カルビ丼定食」(1,700円)などがそろう。

【画像を見る】柔らかな肉がたっぷり!「カルビ丼定食」

店内

「昼から夜までメニューや価格は変更なし。京都クラフトビール(700円)やグラスワイン(500円)に、日本酒(グラス800円~)など昼飲みも大歓迎。アラカルトも置いています」とシェフの高橋兼幸さん。

店内は京都タワーや金閣寺が描かれた天井画が印象的。テーブル席のほか、畳敷きの掘りごたつ式席も。錦市場から見える赤い提灯を目印に訪ねよう。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る