和牛もNYスタイルで提供、焼肉トラジが手掛けるステーキハウス「T's STEAK HOUSE」がオープン

2019年2月21日 16:52更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
「T's STEAK HOUSE」コースイメージ

「T's STEAK HOUSE」コースイメージ

人気焼肉店のトラジが手掛けるNYスタイルの本格ステーキハウス「T's STEAK HOUSE」が、東京・恵比寿に2月21日にオープン。Tボーンステーキなどスタンダードメニューのほか、焼肉店で培った和牛のステーキや選べるオリジナルソースで新しいステーキの魅力を提案する。

4つの部位を一度に楽しめる「T's STEAK HOUSE」看板メニューの「カルテット」

4つの部位を一度に楽しめる「T's STEAK HOUSE」看板メニューの「カルテット」

すべての画像を見る(10件)

同店は、生産量の全体の3%という希少なUSDAプライムビーフをドライエイジングしブロイラーオーブンで皿ごと焼き上げる、恵比寿エリアでは初となる本格的なNYスタイルのステーキハウス。前菜のシーフードプラッターなどスタンダードなステーキハウスのメニューのほか、サーロインやヒレ肉など肉の部位に合わせたワインペアリングコースを用意している。

看板メニューは、4種類の肉を一皿に盛り合わせた豪快なメニュー「カルテット」。USDAプライムのサーロインまたはヒレのいずれかとハラミ、和牛、ラムチョップを一度に楽しめるオリジナルの一品だ。

肉の部位に合わせたワインペアリングを提案する

肉の部位に合わせたワインペアリングを提案する

「今年開催されるラグビーワールドカップや2020年東京五輪に向け、外国人観光客にも日本の和牛の魅力を味わっていただきたい」(T's STEAK HOUSE)とのとおり、焼肉トラジで培ったノウハウを活かしながら、日本人にも外国人客にも新しいステーキの魅力を発信していく。

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

特集

ページ上部へ戻る